花咲か父さん 洋らん栽培 

hanasakato.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 12日

Thunia brymeriana

ツニア ブリメリアナ

ブログアップが遅れましたが、先月の蘭会で会長さんから花着き株を頂いたものです。
ツニアはうつむき加減にやや下向きに咲くので、少し矯正して見栄え良くして撮影しました。
葉や茎からは笹とか竹をイメージさせますが、花はどうしてどうして、カトレアのような豪華な花を咲かせます。
強健で、コンポストはあまり選ばず、栽培しやすい種のようです。冬は完全に水を切って休眠させておけばいいので管理も楽ですね。
花命が1週間程度と短いのが玉にキズ。
a0267399_1573254.jpga0267399_1575176.jpga0267399_1595745.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-07-12 01:58 | Orchids (Others)
2016年 06月 29日

Angraecum didieri

アングレカム ディディエリ

アングレカム属の中では普及種で多くの蘭屋さんで目にします。ただ、うちではなかなか長期栽培が難しく、2~3回花を見ると枯れてしまうというサイクルを繰り返しています。
この悪循環を断ち切るべく、昨年末にミズゴケ・素焼き鉢植えからヘゴ棒着けにしてみました。(ネットで見るとコルクや板に着けてうまく咲いている写真を目にするので。)
今回花も咲いてくれたし、根がヘゴに食い込んでいるところを見ると調子はいいのかも。
あとどれだけ持ちこたえてくれるか、おなぐさみ。
a0267399_12212.jpga0267399_122493.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-06-29 01:05 | Orchids (Others)
2016年 06月 28日

Miltoniopsis phalaenopsis

ミルトニオプシス ファレノプシス

以前はMiltonia phalaenopsisとかOdontoglossum phalaenopsisとか呼ばれていたこともあります。
今年の東京ドームでワカヤマオーキッドさんから購入しました。
リップの紋様が滝の流れ・飛沫に似ていることで有名な種です。
ブラ鉢にバーク植えです。
コロンビア中央部、比較的高地の雲霧林(常春のようなところ)に自生しているので夏場暑がると思います。今年の夏はアミール栽培ですね。
a0267399_054199.jpga0267399_055516.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-06-28 00:56 | Orchids (Others)
2016年 06月 23日

Dendrobium (Den.) linguella その2

デンドロビウム リングエラ

3年振りのブログ登場です。実は5月に咲いていたのですが、アップが遅くなってしまいました。
3年前の記事はこちら
ラベルを見ると、昨年も同じ時季に細々と咲いていたようですが、あまりにショボイので載せなかったのだと思います。
今年はまずまずの出来でした。まさに鈴生りの状態で咲きます。
東南アジアの低地に自生しているため秋口の低温処理が必要ないタイプです。
3年前は株全体の様子を写さなかったので今年は全体像も撮りました。
a0267399_11657100.jpga0267399_1171393.jpga0267399_1172765.jpg

[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-06-23 01:21 | Dendrobium
2016年 06月 18日

Cynorkis gibbosa

シノルキス ギボーサ

マダガスカルに自生する地生蘭。
この種のように球根を形成する地生蘭は栽培が難しく、数年前は咲いていたのですが、ジリ貧になり枯れてしまいました。
もう一度挑戦したくて、昨年秋に蘭会の方から球根を頂き、山野草の土と赤玉土を混ぜた用土で植え付けました。頂いた球根が大きかったおかげで花が咲きました。今回ブログ初登場です。
球根を頂いた方の話によると、結構日当りのいいところに置いているとのこと。直射では日焼けが怖いので50%遮光くらいのところに置いて育てています。球根が大きく育つといいなあ。
a0267399_245695.jpga0267399_251125.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-06-18 02:09 | Cynorkis
2016年 06月 15日

Polyradicion lindenii 咲きました!!

ポリラディション リンデニー

以前はPolyrrhiza lindenii とかDendrophylax lindeniiと呼ばれていました。
フロリダから西インド諸島、キューバに自生している無葉蘭です。
その花の形から幽霊蘭(Ghost Orchid)とか、カエル蘭(Frog Orchid)とか呼ばれたりもします。

この種はずっと前(20年くらい前?)に苗を買って育てていたことがありましたが枯れてしまいました。
それ以来ずっと気になっていたのですが、2011年にワカヤマオーキッドさんが販売しているのを見つけ即刻購入しました。ワカヤマオーキッドさんのラベル以外にH&Rナーセリーさんのラベルも一緒に入っていたので、H&Rさんから仕入れたのだと思います。
買った時既に鉢底網を丸く筒状にしてそれに着生させる形になっていました。
気をつけながら栽培してきたつもりでしたが、一時生長点がシケたようになって、もうダメかと思っていましたが、何とか復活してくれました!
2LのPETボトルの底を切って株全体に被せ湿気を保つようにしたのが良かったのかもしれません。春になって花芽が伸びてきました。花芽が伸びてPETボトルの壁にぶつかりそうになる度にPETボトルを継ぎ足しました。
一般的な花容はリップの先が2つに分かれ、それが長く伸びるため幽霊に見えたり、蛙の足に見えたするらしいのですが、本個体はリップの先が鎌状(ブーメラン状)に曲がるだけで長く伸びないので今一それらしい風情を感じられないのが残念です。
そうは言っても、昔から一度は咲かせてみたいと夢見ていた蘭の一つだったので、30年蘭栽培を続けて初めて咲いてくれたこの蘭に感動と感謝です。
a0267399_22101340.jpga0267399_22105061.jpga0267399_22111464.jpg

a0267399_2216265.jpga0267399_22164269.jpga0267399_22165985.jpg

a0267399_22172684.jpga0267399_22175560.jpga0267399_22182155.jpg

[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-06-15 22:29 | Orchids (Others)
2016年 05月 12日

Chiloschista sp. 白花

キロスキスタ sp. 白花

2015年の東京ドームでJia Ho Orchid Nursery という台湾の蘭屋さんから、白い花が咲くというので珍しいと思い買ってしまいました。
sp.となっているので種名が特定できていないようです。種名が分かる方がいらっしゃったら教えていただきたいです。よろしくお願い致します。m(_ _)m
花茎は4本上がりましたが咲いたのは2花茎のみでした。NSは1.4cmと小輪。
流木着けになっていますが、その流木が腐ってきているので花が終わったら剥がしてコルクにでも着けてみようかと思っています。
a0267399_0314070.jpga0267399_032886.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-05-12 00:34 | Orchids (Others)
2016年 05月 04日

Paphiopedilum (Paph.) haynaldianum その2

パフィオペディルム ハイナルディアナム

3年振りに咲きました。久しぶりの開花です。
一度バーク植えから洋ランソイルに植え替えたところ調子を崩し、もう一度バークと洋ランソイルを混合したもので植え替えてやっと咲きました。
洋ランソイルはこの種には相性が良くないかも。次の植え替えはバーク単用かな。
リップの形が笑っている口に見えて何とも味わいがあります。
a0267399_1154761.jpga0267399_1162617.jpg


Paphiopedilum haynaldianum その1
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-05-04 01:28
2016年 05月 01日

Bulbophyllum (Bulb.) makoyanum その4

バルボフィラム マコヤナム

昨年まではミズゴケ・素焼き鉢植えで栽培していましたが、生育旺盛で鉢からはみ出すようになったので、昨年秋、思い切って株分けして、ヘゴ棒に着けました。
何とか活着して花が咲きました。しばらくはこのままで栽培してみます。ヘゴやコルクに着けると植え替えの手間が省け、手抜きできるので最近こうした植え方が増えてきました(^_^;)
a0267399_034414.jpga0267399_0345338.jpg


Bulbophyllum makoyanum その1
Bulbophyllum makoyanum その2
Bulbophyllum makoyanum その3
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-05-01 00:42 | Bulb. & Cirr.
2016年 04月 28日

Paphiopedilum (Paph.) thailandense その2

パフィオペディルム タイランデンセ

2年前、みちのく洋蘭センターさんで購入したもの。
昨年は咲きませでしたが、2年振りに念願の2花茎4輪咲いたのでアップしました。
よく見るとなかなかいい個体かも。
a0267399_2324406.jpga0267399_23245662.jpga0267399_23251210.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-04-28 23:28 | Paphiopedilum
2016年 04月 27日

Dendrobium (Den.) moniliforme '流星晃'

デンドロビウム モニリフォルメ '流星晃'

2014年2月東京ドーム世界らん展で阿波園という山野草のお店で買いました。
リップがペタル化した六弁花のセッコクです。「流星晃」という個体名が付いています。流星晃とは流星のきらめきという意味だと思いますが、まさに流星の光芒を彷彿させるピッタリの名前ですね。

買って直ぐ、試しに素焼き鉢に洋ランソイルで植え付けてみたのですが、生育はよくありませんでした。
今年2月にミズゴケ・素焼き鉢で植え替えてたら急に元気になりました。やはりデンドロはミズゴケがいいようです。
花径は草丈の割に大きくNS 5.5cmほどあります。
a0267399_0293565.jpga0267399_0294944.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-04-27 00:32 | Dendrobium
2016年 04月 19日

Paraphalaenopsis denevei

パラファレノプシス デネベイ

昨年末、科学技術館で開かれた即売会でクライムオーキッドさんから購入しました。
ボルネオに産し、ファレノプシスから独立した属です。棒状の葉が特徴。
このParaphalaenopsis、高温性で咲かせるのが難しいというイメージがあって、ちょっと敬遠していたのですが、クライムオーキッドさんのセールストークに負け購入したらなんと咲きました!!
葉や花茎が垂れ下がる性質があるのでこのようにヘゴ着けするのがいいようです。
Paraphalaenopsis属ではlabukensisをよく見かけます。labukensisは褐色を基調とした彩ですが、中に色の薄いYellowタイプもあり、本種によく似ています。しかし本種はリップが赤く彩られるので区別できます。
a0267399_150857.jpga0267399_1503697.jpga0267399_151339.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-04-19 01:53 | Orchids (Others)
2016年 04月 04日

Anacamptis papilionacea

アナカンプシス パピリオナセア

昨年秋、奥田園芸さんから購入しました。
地中海沿岸に自生している地生蘭です。冬の間はずっと低温室(最低気温5~10℃)に置いておきました。
リップのスジ模様が何とも魅力的です。ちょっとだけですが、カトレア マキシマを彷彿させるものがあります。
初めて見る種なのでちょっと興奮ぎみ。
a0267399_2353890.jpga0267399_2355423.jpga0267399_236534.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-04-04 02:46
2016年 04月 02日

Dendrobium (Den.) aphyllum (pierardii) 'Highlands'

デンドロビウム アフィラム (ピエラルディー) 'Highlands'

昨年末、科学技術館で開かれた即売会で春ひなオーキッドさんから、「いい花だから買って損はないよ。」と言われ小苗(2号鉢植え)を購入しました。
低温室で管理していて花芽らしきものが出てきたので、2月上旬に中温室に移動しました。
春ひなオーキッドさんのおっしゃる通り、JOGAでSM入賞しただけあって、今まで見たアフィラム中で最も形のいい花でした。
NSはそれほど大きくはありませんが、ペタルがとても巾広で極良形。リップに僅かに黄緑色が載るのも好印象。
今年は3輪しか咲きませんでしたが、来年はもっとたくさん咲かせたくなりました。
a0267399_158657.jpga0267399_1582645.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-04-02 02:10 | Dendrobium
2016年 03月 31日

Cattleya (C.) schroederae 'Seijikun' その2

カトレア シュロデレー 'Seijikun'

3年振りのアップになります。
3年前は太陽光下で撮影していましたが、今回は人工照明です。
太陽光が直接当たると影ができやすく撮影が難しいですし、撮影機会がお天気に左右されるというデメリットがありますが、人工照明の場合は散乱光にして影を目立たなくすることが出来るのとお天気や時刻を気にしなくて済むというので、最近は専ら人工照明での撮影になっています。
a0267399_2334596.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-03-31 02:39 | Cattleya & Relatives