花咲か父さん 洋らん栽培 

hanasakato.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 29日

Dendrobium bigibbum var. compactum

デンドロビウム ビギバム バー コンパクタム

ビギバムの普通種は草丈が大きくなりますが、こちらは矮性タイプです。最近はこちらの矮性タイプの方をよく目にするようになりました。小さくまとまり、観賞するのに都合がいいからでしょう。先日ホームセンターを歩いていたら、メリクロンしたものが大量にしかもお安く販売されていました。これには少しガッカリ。
本個体は何年も前蘭会の会長さんから分けて頂いたもので、自分では良個体だと思っています。(ホームセンターで売られていたものよりいいと信じています。)
オーストラリア原産で日当たりを好みます。日除けなしでもいいくらいです。日当たりがいいと葉や茎の色が赤銅色に変わり、花数が増えて、花の色も濃くなります。写真の株は日除けの下に置いていたので葉や茎は緑色のままです。
水を遣りすぎると直ぐに高芽が出て来るので水は少なめがいいようです。また、植え替えると元気をなくしてしまうことが多く、栽培は案外難しいところがあります。高芽を取って植えつければちゃんと育つので、そうやって株の更新をしています。
a0267399_1322567.jpga0267399_1323749.jpga0267399_1332397.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2012-08-29 13:06 | Dendrobium


<< Miltonia specta...      Paphiopedilum D... >>