花咲か父さん 洋らん栽培 

hanasakato.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 07日

Bulbophyllum rothschildianum

バルボフィラム ロスチャイルディアナム

ラベルを見ると’89年購入とありますので23年も前から栽培していることになります。
購入後数年経ってコルクに着けたら生育が悪くなり花も咲かなくなりました。 そのままコルクを水平にしてに栽培していると株がコルク全体を覆うようになり、その頃からまた花も咲き始めました。コルクが株で覆われ水持ちがよくなったからではないかと考えています。
その後は毎年数花茎上がっていましたが、コルクを水平にしておくと場所を取るので、今年はコルクを垂直に立てて栽培したところ、今年出てきた新芽が十分育たず新しいバルブが小さくなってしまいました。花茎も2つしか着きません。コルクを垂直にしたことで水持ちが悪くなったためではないかと睨んでいます。
バルボは匍匐茎が伸びて暴れやすいのでどうしてもコルクなどに着けたくなりますが、それで生育が悪くなり易いように思います。バルボはやはり水が好きなのでしょうね。難しいものです。

今年は、中央の2つの花が癒合しているのも残念なところです。
a0267399_22584590.jpga0267399_22592272.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2012-12-07 09:30 | Bulb. & Cirr.


<< Cycnodes Jumbo ...      Masdevallia ros... >>