2014年 04月 03日

Dendrobium harveyanum その2

デンドロビウム ハーベイアナム

只今開催中の所沢洋蘭会春の洋らん展でありがたいことに市長賞を頂きました。
リップとペタルにフリルが入りオシャレでしょ。いい香りもするし、お気に入りのデンドロです。
ちょうど1年前の記事にも書きましたが、栽培のコツは新芽が伸びている頃に上から水を掛けないことです。新芽の先に水が溜ると先が腐ってしまいます。あと、秋11月一杯外に出して寒さに当ててやることです。
今年はこのらん展に向けて咲かせてやろうと思い、3月初めまで最低気温5~10℃の低温室に置き、3月2日に中温室(最低気温15℃)に移動させました。この時既に花茎が10cmほど伸びていました。花茎の伸びやツボミの膨らみ具合を見ながら中温室と低温室の往復を繰り返し、何とからん展初日に満開に持ってくることが出来ました。
【追記】所沢市のホームページにらん展の紹介記事が掲載されましたので、リンク貼っておきます⇒こちら こちらのひばりちゃん日和(ブログ)にも紹介があります。
a0267399_22293118.jpga0267399_22294865.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-04-03 22:36 | Dendrobium


<< Masdevallia ven...      Restrepia anten... >>