花咲か父さん 洋らん栽培 

hanasakato.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 24日

Bulbophyllum boninense

日本名はオガサワラシコウラン(小笠原指甲蘭)
小笠原諸島固有のバルボフィラムで現在は絶滅危惧種に指定されているそうです。
蘭栽培の超ベテランの方が随分昔から栽培されていた分け株が巡り巡って我が家にやって来たのが6年前。生育旺盛でほふく茎を長く伸ばし6号平鉢一杯に広がりました。大株の割に花茎は2本のみ。花着きはあまりよくありません。大体6~7月頃に咲きます。花期は1週間ほどと短いです。
指甲とは爪のことで爪のような色をしているところから名づけられたと聞きました。でも、爪の色には似ていないなあ。
a0267399_20105075.jpga0267399_2011435.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-06-24 00:06 | Bulb. & Cirr.


<< Sievekingia mar...      Bulbophyllum ma... >>