花咲か父さん 洋らん栽培 

hanasakato.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 21日

2014年夏 アミール仕様変更

6月末からアミール(クーラー付き栽培ボックス)を使い始めました。
今年は断熱効果を上げようといろいろ工夫しましたが、期待したほどの効果がなく、太陽光が差し込むとアミール内の温度上昇が大きい割に照度が十分上がらないことが判明。クーラーの稼働時間が長いのも気になっていました。そこでPLANTさんのアドバイスをもとに発想を変え、太陽光を取り込むのではなく、思い切って太陽光を完全に遮断しLED照明のみの栽培に切り替えることにしました。

アミールの内側には断熱と光を反射させる目的でレジャー用アルミ箔付き発泡ウレタンシート(厚さ8mm)を貼り付け。
外側のガラス面にも太陽光の反射と断熱を兼ねて同じウレタンシートを貼り、更にプチプチシートでカバー。
アミールには左右3段ずつ計6つ棚があるのですが、LED電球消費電力節約のため左右2段ずつ4棚のみ使用することに決定。
内部はこんな感じ。
a0267399_233815100.jpg


各棚の様子は⇓
左上棚 左:60型LED電球 昼光色、右:60型LED電球 電球色       右上棚 左:20型LED電球 昼光色、右:40型LED電球 昼光色
a0267399_2339081.jpga0267399_23394012.jpg

左下棚 左:60型LED電球 昼光色、右:60型LED電球 電球色       右下棚 左:20型LED電球 昼光色、右:40型LED電球 昼光色
a0267399_23403953.jpga0267399_23413190.jpg
植物の生育には赤色波長が有効らしいので左の棚だけは赤っぽい電球色も混ぜてみました。
肝心の照度ですが、左側の60型LED電球をつけた棚は真下で4,000~6,000ルクスくらい、棚の端で2,000ルクスくらい。
右側の棚は少し低く真下で3,000ルクスくらい、棚の端で1,500ルクスくらいです。
LED電球の電力消費量は8個合わせて約60W。

外観はこんな感じ。遮光してあるので中の様子は見えません。       さらに西日除けに遮光率90%以上のネットも。
a0267399_2344753.jpga0267399_23442658.jpg

今回は光を通す素材でなくていいのでかなり徹底した断熱の工夫が出来ました。ガラス面の厚みは断熱材を含めて約4cm。今回の断熱・LED照明に掛かった費用は合わせて2万円弱でした。
使い始めて間もないですが、クーラーの稼働時間は格段に少なくなった気がします。あとは植物の生育がどうか・・ですね。
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-07-21 18:35 | 栽培環境紹介


<< アマガエルの飼い方      Dendrobium Hibi... >>