花咲か父さん 洋らん栽培 

hanasakato.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 25日

Den. delacourii その3

デンドロビウム デラコウリー

デンドロは前年のバルブに花が咲くという種が多いのですが、この種は新芽が伸びるのと並行してその頂部に花を着けるという珍しいタイプです。
今年は新芽がいくつか出て来ましたが花芽が出たのは1つだけ。なかなか思うように咲きません。
どんな栽培がいいのかよく分からないのでいろいろ調べてみました。
①水はけをできるだけよくして植える。⇒流木に着いているのでこれは問題なし
②夏の暑さには強い。⇒これはありがたい。
③冬は日によく当て最低温度10℃くらいのところで乾燥させる。⇒今までは中温室(最低温度15℃)に置いて時々水やりしていたのでこれが良くなかったのかも?
④秋にリン酸分の多い肥料を遣るとよい。⇒今まで遣っていなかったような・・。
また年中温かい地域では花は咲かないとの記述もありました。
総合するとリンドレイ(アグレガタム)と同じような秋に低温処理する栽培でいいのではという気がしてきました。花の咲き方や生育の様子から高温性のケーンタイプに近いのかと思っていたのでこれはちょっと目からウロコでした。今後ははリンドレイと同じような条件で栽培してみようと思います。
a0267399_224492.jpga0267399_2242622.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-07-25 00:05 | Dendrobium


<< Dendrobium devo...      Cattleya loddig... >>