花咲か父さん 洋らん栽培 

hanasakato.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 07日

Notylia barkeri その2

ノティリア バーケリ

今年の1月温室内の温度が氷点下になってしまうというアクシデントのため、この蘭もかなりダメージを受けたのですが何とか立ち直り花が咲きました。
根が細く水を好むように見えますが、むしろコルク板などに着生させ乾かし気味にした方がよく育つようです。葉が分厚く頑丈な作りなので、ここに水を貯め込んでいるのでしょう。ネットで見ても着生させているのが多いです。
暑さには割と強く日除けの下で吊るして栽培しています。
5~7mmほどの極小輪をよく見るとペタルにオレンジ色の斑点が彩られています。花房の直径は3cm長さは7cmほど。
a0267399_1044949.jpg
a0267399_105117.jpga0267399_1055561.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-09-07 10:11 | Orchids (Others)


<< ヘビウリその4と白ゴーヤ       Cirrhea depende... >>