2015年 02月 10日

Dendrobium peguanum その2

デンドロビウム ペグアナム

なかなかうまく育てられない種の一つです。私の場合、ミズゴケ植えではほぼ間違いなく枯れてしまいます。
コルクに着けてからは何とか花が着きますが、低空飛行の状態で満作には程遠いです。
秋から冬に水を切ることで花芽ができるようです。
春から秋までの成長期にいかにバルブを大きく育てるかがカギになりそう。原生地では夏に大量の降雨があるらしいので水浸しくらいで夏は育てるといいのかなあ?
a0267399_22142864.jpga0267399_22145988.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2015-02-10 00:17 | Dendrobium


<< 金のなる木の花の咲かせ方 その2      Pleione formosa... >>