花咲か父さん 洋らん栽培 

hanasakato.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 24日

Paphiopedilum Iona

パフィオペディルム イオナ

Paph. bellatulum‘Frank Hughes’ HCC/AOS × Paph. fairrieanum ‘Shaffer’

この株にはとても深い思い出があります。
1999年もう15年以上も前、蘭の大先輩がこの花を蘭会例会に持ってこられていました。一目見て気に入ったので「いつか株分け出来るようになったら分けてもらえませんか。」と無心しました。
そうしたらその方が「間に合わないかもしれないな」とぼそっとおっしゃったのです。
その時は何のことか分からなったのですが、その後ちょっとして、この株を私にくれるというのです。私は「株分けできた時でいいです。」とお断りしたのですが、「いいから取っておきなさい。」とおっしゃるのでお言葉に甘えて頂戴しました。
その後、しばらくしてその方は病気で亡くなられました・・。
引き継いだ株を枯らさないよう、注意深く栽培していたのですが、性質が結構弱いようでうまく育ちません。ミズゴケ、バーク軽石混合、スゴイネ、バーク堆肥、山野草の土+ベラボンなどいろいろなコンポストを試しましたが、どれも生育不十分。一時枯れそうな時期もあり花が咲くのは無理と半分諦めていました。ところが昨年、洋ランソイルに植え替えてみたところ相性がピッタリ合ったようで復活。なんと15年振りに花が咲きました。本当に久し振りです。久々に見た花に15年ぶりの感動が蘇りました(^.^)
ベラチュラムとフェイリアナム両方の性質を受け継いだ良花だと思っています。
a0267399_17522395.jpga0267399_17524428.jpg
a0267399_1753298.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2015-02-24 00:01 | Paphiopedilum


<< Pleione formosa...      Ophrys bombylif... >>