2015年 11月 09日

Diodonopsis erinacea

ディオドノプシス エリナセア

南米原産のミニ洋蘭です。ネットで調べると低地でも自生しているようですが、これだけ小さくて繊細な植物ですので、夏場はアミールに入れてクールタイプとして栽培しています。
昨年(2014年)1月にエクアジェネラさんから買いました。そこそこ大きな株だったので、2つに分け、一つはミズゴケ植え、もう一つは洋ランソイル植え(いずれもプラ鉢)の2種類でどちらが生育がいいかテストしてみることにしました。
結果的にはミズゴケ植えの方は枯れてしまい、こちらの洋ランソイル植えだけが生き残り花が咲きました。初花です。
洋ランソイルはいろんな種類で試しましたが、マスデはうまく育ちません。その他の種類でもあまり成績がいいとはいえませんが、このDiodonopsis erinaceaだけはちゃんと育って花が着きました。
相性の良否はやってみないと分かりません。なので、ミズゴケで生育が今一な物や、ミズゴケ植えで植え替え時に根が傷んでしまいそうなものを洋ランソイルで植えてテストしています。
a0267399_0452698.jpga0267399_0463100.jpga0267399_1393326.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2015-11-09 00:49 | Orchids (Others)


<< Cycnoches loddi...      Aerangis rhodos... >>