花咲か父さん 洋らん栽培 

hanasakato.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 17日

Bulbophyllum Krairit Vejvarut

バルボの longissimumとphalaenopsisのF1交配種です。
品種名をどう読めばいいのか分かりません。タイの洋蘭愛好家の方の名前を取って付けられたようです。
2008年クライムオーキッドさんを蘭会で訪問した時におまけで頂いた株です。
当初は2.5号鉢くらいの小さなものでしたが、あれよあれよという間に大きくなり、何度か鉢増しを繰り返し、6号鉢でもはみ出すほどになったところで、今回初花が咲きました。1ヶ月ほど前に咲いていたのですが、ブログ掲載が遅れました。
ラベルにはBulb. longissimum × phalaenopsisと書いてありましたが、種名が登録されているはずだと思い、RHSの登録を調べてみたら案の定、Krairit Vejvarutという名前と判明しました。
花を見るとBulb. phalaenopsisのあの毛むくじゃらの面影が全くないので、もしかしたら片親がphalaenopsisではなくBulb. fletcherianumではないかと疑っていました。しかし、Bulb. Krairit Vejvarutでネット検索すると今回アップしたのと同じような花が多数ヒットしましたので、その疑いは消えました。
それにしても片親のphalaenopsisが巨大な葉・バルブに成長するため、本種も葉っぱの長さが40cmまで伸び、持て余し気味になったので最近5株に株分けしました。ただ、小さく分けたら咲かなくなって、次の開花までまた数年掛かるというようなことがなければいいのですが・・。
a0267399_22482636.jpga0267399_22484197.jpga0267399_22485431.jpga0267399_2249975.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2015-12-17 22:54 | Bulb. & Cirr.


<< Paphinia herrer...      Cattleya perciv... >>