カテゴリ:Bulb. & Cirr.( 34 )


2016年 05月 01日

Bulbophyllum (Bulb.) makoyanum その4

バルボフィラム マコヤナム

昨年まではミズゴケ・素焼き鉢植えで栽培していましたが、生育旺盛で鉢からはみ出すようになったので、昨年秋、思い切って株分けして、ヘゴ棒に着けました。
何とか活着して花が咲きました。しばらくはこのままで栽培してみます。ヘゴやコルクに着けると植え替えの手間が省け、手抜きできるので最近こうした植え方が増えてきました(^_^;)
a0267399_034414.jpga0267399_0345338.jpg


Bulbophyllum makoyanum その1
Bulbophyllum makoyanum その2
Bulbophyllum makoyanum その3
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2016-05-01 00:42 | Bulb. & Cirr.
2016年 03月 13日

Bulbophyllum umbellatum

バルボフィラム ウンベラタム

ラベルを見ると、20年前愛知の川口洋蘭園さんから買っていました。長いお付き合いになりました。
購入した時は素焼き鉢に植えてありましたが、水を好むと思い、プラ鉢に植え替えて、その後ずっとプラ鉢栽培です。
このumbellatum、英語のumbrellaアンブレラ(傘)に関係した名前のようで、確かに傘のように広がって咲いています。ただ、破れ傘といったイメージではあります。
a0267399_2251984.jpga0267399_2254284.jpga0267399_225567.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2016-03-13 02:31 | Bulb. & Cirr.
2016年 02月 22日

Bulbophyllum (Bulb.) laxiflorum majus その3

バルボフィラム ラキシフローラム マジャス

ほふく茎が伸びて、鉢からはみだしてしまい、鉢栽培だと始末に負えなくなってきたので、昨年10月2株に分けてヘゴ棒に着けました。その内の一つに咲いたのがこれです。株分け・植え替えのダメージがあってか、花茎は少なめの4花茎。
線香花火のように弾けた小花が印象的。鉢栽培よりこちらの方が風情があっていいかも!
また、ヘゴに着ける栽培法だと植え替えの手間が省けるので楽です。今後の生長も楽しみ(^.^)
2年前の様子は⇒こちら
3年前の様子は⇒こちら

a0267399_232323.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2016-02-22 02:06 | Bulb. & Cirr.
2016年 01月 04日

Bulbophyllum (Bulb.) inunctum

バルボフィラム イナンクタム

昨年11月にクライムオーキッドさんから購入しました。小さなヘゴ板に着いています。
買って間もないですが、花が咲いたので記録のためアップしました。
ネットで調べるとマレーシア・ボルネオに自生とありますが、本株はフィリピンのミンダナオ産とのこと。
このような黄褐色系の他に、ピンクぽい花色の個体もあるようです。
本種の見どころは、両手を少し広げてダラリと垂れ下がらしたようなひょうきんな姿と、セパルに入る光沢のある年輪のようなスジ模様でしょう。
a0267399_2210351.jpga0267399_2210476.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2016-01-04 22:13 | Bulb. & Cirr.
2015年 12月 17日

Bulbophyllum Krairit Vejvarut

バルボの longissimumとphalaenopsisのF1交配種です。
品種名をどう読めばいいのか分かりません。タイの洋蘭愛好家の方の名前を取って付けられたようです。
2008年クライムオーキッドさんを蘭会で訪問した時におまけで頂いた株です。
当初は2.5号鉢くらいの小さなものでしたが、あれよあれよという間に大きくなり、何度か鉢増しを繰り返し、6号鉢でもはみ出すほどになったところで、今回初花が咲きました。1ヶ月ほど前に咲いていたのですが、ブログ掲載が遅れました。
ラベルにはBulb. longissimum × phalaenopsisと書いてありましたが、種名が登録されているはずだと思い、RHSの登録を調べてみたら案の定、Krairit Vejvarutという名前と判明しました。
花を見るとBulb. phalaenopsisのあの毛むくじゃらの面影が全くないので、もしかしたら片親がphalaenopsisではなくBulb. fletcherianumではないかと疑っていました。しかし、Bulb. Krairit Vejvarutでネット検索すると今回アップしたのと同じような花が多数ヒットしましたので、その疑いは消えました。
それにしても片親のphalaenopsisが巨大な葉・バルブに成長するため、本種も葉っぱの長さが40cmまで伸び、持て余し気味になったので最近5株に株分けしました。ただ、小さく分けたら咲かなくなって、次の開花までまた数年掛かるというようなことがなければいいのですが・・。
a0267399_22482636.jpga0267399_22484197.jpga0267399_22485431.jpga0267399_2249975.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2015-12-17 22:54 | Bulb. & Cirr.
2015年 10月 23日

Bulbophyllum blepharistes

バルボフィラム ブレファリステス

ラベルを見ると3年前に春ひなオーキッドさんから購入していました。
昨年初花が咲いたのですが、撮影タイミングを逃し、今回初めてのアップです。花期は秋のようです。
長いほふく茎を伸ばすので鉢植えには向いていません。購入した時からヘゴ着けになっていました。まん丸バルブの上にウサギの耳のような分厚い葉っぱが2枚着きます。
同時に何輪も咲くことは殆どなく、1~2輪ずつ咲いて、終わると次が咲くというパターンで長期に開花が続きます。今回たまたま4輪同時に咲いていたのでチャンスと思い撮影しました。
個々の花は小さくNS 1cm×4cmくらいです。
a0267399_071789.jpga0267399_075771.jpga0267399_081085.jpga0267399_08246.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2015-10-23 00:12 | Bulb. & Cirr.
2015年 07月 21日

Bulbophyllum lobbii giant type

バルボフィラム ロビー ジャイアントタイプ

2012年蘭会の旅行で東北の田口洋蘭園さんを訪問した時、蘭友さんが入手されました。Bulb. lobbiiにしては株も花もやけにデカいのが印象的でした。
株分けできたらよろしく!と無心していたところ、2013年に株分けできたとのことで頂きました。
それから2年、ほふく茎が伸びるのでコルクに着けておいたら咲きました(^_^)/
ジャイアントタイプとあるだけに、葉の長さは30cmと大きく、NSは10cm以上ある大輪です。
古いバルブから花芽が上がるようです。
a0267399_23333386.jpga0267399_23334652.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2015-07-21 23:36 | Bulb. & Cirr.
2015年 07月 20日

Bulbophyllum tingabarinum その5

バルボフィラム ティンガバリナム

今年も咲きました。7月上旬に咲いたものです。
2花茎同時に咲いたのでついつい写真に収めました。
a0267399_1212082.jpga0267399_1213983.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2015-07-20 01:24 | Bulb. & Cirr.
2015年 06月 08日

Bulbophyllum thaiorum (Yellow Type)

バルボフィラム タイオラム

昨年中藤洋蘭園さんから購入しました。
5月に咲いていたのですが、今はもう散っています(>_<)
これまでブログにアップしていなかったので遅ればせながらアップすることにしました。
種名が分からずsp.となっていましたが、PLANTさんに教えて頂き、Bulbophyllum thaiorum のYellow Typeだと判明しました。
花は鮮やかなオレンジ色でとてもキレイです。
ほふく茎が伸びないでコロコロしたバルブが数珠のように繋がっていくタイプなので、扱いやすいです。それでも鉢からはみ出してきたので、花が終わった先日一回り大きくなるよう鉢増ししました。ミズゴケにプラ鉢植えです。
a0267399_23403395.jpga0267399_23404667.jpga0267399_23405657.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2015-06-08 00:10 | Bulb. & Cirr.
2015年 01月 24日

Bulbophyllum lindleyanum 'Seijikun' その2

バルボフィラム リンドレヤナム 'Seijikun'

いろいろな事情があってブログ更新できないでいました。久しぶりのアップです。

この花も2年前にアップして以来、久し振りの登場です。
昨年は温室を凍らせてしまった影響で花が咲きませんでした。
前回に比べ花数は増えましたが、この個体は本領を発揮すると花穂が20cmくらいにはなるので、まだまだ力不足です。
花茎を数本伸ばして豪華に咲かせたいなあ。
a0267399_11582274.jpg
a0267399_11583719.jpga0267399_11585077.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2015-01-24 12:03 | Bulb. & Cirr.