カテゴリ:Restrepia( 8 )


2016年 02月 26日

Restrepia brachypus その4

レストレピア ブラキパス

南米の高地に産するクール種、ストライプ模様が印象的です。
レストレピアはクール種の中では強健な方ですが、このブラキパスはそのレストレピアの中でも強い方だと思います。
2014年6月、ミズゴケ・プラ鉢から洋ランソイル・プラ鉢に植え替え、昨年秋には洋ランソイルにミズゴケを混ぜたもので植え替えました。
クール種の中には洋ランソイルでうまく育たないものが結構あります。(特にマスデバリアはうまく育ちませんでした。)
しかし、この種は順調に育ってくれて、2013年にエクアジェネラさんから購入して以来最もよく花が咲きました。
a0267399_2371166.jpga0267399_2372730.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2016-02-26 00:05 | Restrepia
2014年 11月 17日

Restrepia guttulata (big) その2

レストレピア グッチュラータ

ラテン語でguttulaとは「小滴」を意味するとのことです。花の一面に入る粒模様に由来していると思われます。
南米の高所に自生しているので夏場はアミール栽培です。
guttulataにはいろいろ変種があるようで、本個体はbigとなっているだけに一般的なレストレピアに比べるとずっと大きく草丈は20cmを越えます。花も大きいです。
花期は春から秋とのことですが、夏は暑くて咲きません。春と秋に咲くことが多いです。
昨年春の開花は⇒こちら
花が「く」の字に曲がっているので、花を正面から撮ると花の縦が短く写ってしまいます。横顔の方が花の全体像を把握しやすいです。
a0267399_0134655.jpga0267399_013025.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-11-17 00:05 | Restrepia
2014年 04月 02日

Restrepia antennifera var. lynniana その2

レストレピア アンテニフェラ バー リニアナ

最近暖かいので外に出かけることが多くなって、そちらのネタばかりでしたが、久々に本来の洋蘭ネタに戻りました。
昨年1輪今年は2輪と着実?に輪数が増えています。1、2とくれば倍々の計算で来年は4輪を目指します。
2年前に買ってからミズゴケでプラ鉢に植えたまま、植え替えしていないので表面に張ったコケが黒くなり始めています。そろそろ植え替えの時期ですね。
今年は昨年よりさらに花が大きくなりNS 3.0×6.6cmでレストレピアにしては大輪です。
a0267399_2114108.jpga0267399_21142751.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-04-02 21:20 | Restrepia
2014年 02月 16日

Restrepia brachypus その3

レストレピア ブラキパス

昨年12月にも咲いたばかりだし同じような写真だけど他に咲いているものが殆どないので載せることにしました。
こちらも低温に耐えた頑張り屋さんです。
a0267399_2385121.jpga0267399_2392425.jpga0267399_2393859.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-02-16 00:05 | Restrepia
2013年 12月 17日

Restrepia brachypus その2

レストレピア ブラキパス

南米の高地に産するクールタイプです。
そうは言っても今年の夏にアミールの温度が上がってしまい、いくつかのクール種が調子を崩したにも拘わらず、この種はさほど影響なかったと見えて、ちゃんと咲いてくれました。
今年春に咲いた様子はこちら
a0267399_1135714.jpga0267399_1141687.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-12-17 21:54 | Restrepia
2013年 04月 09日

Restrepia antennifera var. lynniana

レストレピア アンテニフェラ バー リニアナ

昨日に続き今日もレストレピアの登場です。昨年5月にエクアジェネラさんから買いました。花は割と大きくNS3.6×6.0cm
var. lynnianaとなっておりlynnianaの意味が分からなかったのでいろいろ調べた結果、USでプレウロザリスやその近縁種(レストレピアも含めて)を収集している趣味家Lynn O’Shaughnessyさんの名前に行き着きました。この方はご自分でホームページも開設しているので、このlynnianaという変種の特徴を問い合わせてみたところ、驚いたことに変種名に自分の名前が使われていることを知らなかったというのです。
もしかしたら別のLynnさん由来なのかもしれませんが、真相は謎のままです。antenniferaには変異が多いみたいだし、あまり気にしないことにします。
a0267399_2031398.jpg

[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-04-09 10:10 | Restrepia
2013年 04月 08日

Restrepia brachypus

レストレピア ブラキパス

今年1月のサンシャインらん展の時にエクアジェネラさんから買ったものです。前出のRestrepia guttulataと同時購入でした。
こちらの種は小型の標準的なレストレピアです。
舟形の部分が曲がっているので正面から撮ると実際より短く写ってしまうので斜め横からも撮ってみました。
a0267399_11575092.jpga0267399_11581174.jpga0267399_1158281.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-04-08 08:55 | Restrepia
2013年 04月 04日

Restrepia guttulata (big)

レストレピア グッチュラータ

今年1月のサンシャイン蘭展でエクアジェネラさんから買いました。結構オタッキーなこんな蘭にまで手を伸ばすようになってしまいました。今までも十分オタッキーだという声が聞こえて来そうですが(^_^;)
買ったときに咲いた跡があったのでそのうち咲くだろうと思っていましたが、2か月ほどで咲きました。季節を問わずだらだらと咲くタイプみたいです。
ラベルにbigと書いてあるだけに、草丈も20cmを超え花も縦7cm近くあります。guttulataには草丈・花の大きさ・花色・花柄など変異が大きいようです。
今更ながらですが、レストレピアの舟形の部分はセパルだというのに最近気づきました。レストレピアはこの舟形の部分が見どころなので、今までずっと大きなリップだなあと思っていました。よく見るとリップは舟形セパルの内側に貼りつくように鎮座しておりました。
a0267399_1945172.jpga0267399_19452195.jpg

【4/21追記】 次々と6輪咲いてきたので追加で写真載せました。
a0267399_230957.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-04-04 10:12 | Restrepia