花咲か父さん 洋らん栽培 

hanasakato.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Cattleya & Relatives( 62 )


2013年 02月 12日

Cattleya White Island 'Yukari'

カトレア ホワイトアイランド 'Yukari'

10年以上前に蘭会の方から分けて頂きました。成長が旺盛で大株にはなるのですが一斉に咲かせるのが難しいので、株分けして小さくして育てています。
C. walkeriana × C. jongheanaというF1交配種。10年ほど前は蘭展で目にすることが多かったですが、最近はあまり見かけないですね。
こちらも折角咲いてくれたので東京ドームの蘭会ディスプレーブースに持ち込む予定です。
a0267399_11494795.jpg

[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-02-12 10:00 | Cattleya & Relatives
2013年 01月 12日

Cattleya trianaei 'A.C.Burrage'

カトレア トリアネイ 'A.C.Burrage'

14年前蘭会の方に頂きずっと育てているものです。我が家では数少ないカトレアの一つです。何度か株分けして大株にせず大きさを維持しています。
とても有名な個体で多くの方がお持ちの普及種ですね。ペタル幅が広く整形花ですが、セパルがそっくり返ってしまうところが欠点でしょうかね。
a0267399_11243165.jpga0267399_11251076.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-01-12 11:30 | Cattleya & Relatives
2013年 01月 11日

Rhyncholaelia glauca 'Good Var'

リンコレリア グラウカ 'Good Var'

20年前に蘭会の方から分けて頂いた株です。鉢増し→株分け→鉢増し→株分けの変遷をたどっています。
こちらもアンセプスと同様、春~秋に直射日光にガッチリ当てないと咲かない花です。真夏に直射に当てても日焼けしないので心配無用。
普通のグラウカはペタルが後ろに反り返ってしまうのが欠点ですが、この個体は割りに反り返らずフラットに展開するのがいいところ。ただ、何の原因かわかりませんが、年によっては反り返ってしまうことも度々です。今年は割とフラットに咲きました。喉奥の紫紅色がアクセント。a0267399_1173730.jpg
a0267399_1181745.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-01-11 10:00 | Cattleya & Relatives
2013年 01月 10日

Laelia anceps guerrero 'Blumen Insel'

レリア アンセプス ゲレーロ 'Blumen Insel'

メキシコ ゲレーロ州産の変種ということでアンセプス ゲレーロと呼ばれていますが正式にはLaelia anceps subsp. dawsonii fma. chilapensisというそうです。(Santa Barbara Orchidさんのホームページに出ていました)
12年前、蘭会の方から分けて頂きました。鉢に納まりが悪く上へ上へと伸びていくのでコルク着けにしています。
日光が大好きで直射日光に当てないと花が咲かないと聞いたので、春から秋までずっと日除けのない直射の当たるところで育てています。真夏に直射に当てても日焼けはしません。
アンセプスの欠点は花茎が長く伸びてしまうことです。早くから伸びた花茎は長く、秋になって遅く出てきた花茎は短くて咲いてくれます。花茎が長くても短くても咲く時期はほぼ同じなので遅くに花芽ができてくれればいいのですが、残念ながらその方法が分かりません。
a0267399_1743073.jpg
a0267399_1751149.jpg

[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-01-10 10:00 | Cattleya & Relatives
2013年 01月 06日

Cattleya percivaliana 'Thiago'

カトレア パーシバリアナ 'Thiago'

4年前、蘭会に時々お見えになる先生から分けて頂きました。昨年夏に株分けしましたが、ちゃんと咲いてくれました。
このThiagoはペタルがオーバーラップするほど幅広で、SummitとかAlbertsといった有名個体よりもさらに良個体だと個人的には思っています。
a0267399_1619862.jpga0267399_16192279.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-01-06 16:24 | Cattleya & Relatives
2013年 01月 05日

Cattlianthe Pastel Fantasy 'Happy Field'

カトリアンセ パステルファンタジー 'Happy Field'

お正月に帰省し留守にしていましたが、自宅に戻って久しぶりに温室の中を覗いてみると、少しずつ蘭が咲き始めていました。

10年ほど前、蘭会でくろやなぎ農園さんを訪問した際に購入したと記憶しています。昨年何株かに分けたものの一つに花が咲きました。
以前はSlc. (ソフロレリオカトレア)に分類されていたので、ラベルもそのままになっていました。今回ブログに載せるに当たり新しい属名を調べました。ネット検索してもSlc.でしか出て来ないので、RHSの登録サイトに行ってやっと見つけました。時間が掛かりました。 
このパステルファンタジー、中・小型の草姿なので、大型2枚葉系のGuariantheの血が混じっているとは想像できず、属名がCattliantheとは思ってもみなかったので、RHSのサイトで検索してもヒットしなかったという訳です。あまりに出てこないので、登録されていないのかとさえ思ってしまいました。 フウー・・・。
a0267399_1504938.jpga0267399_151530.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-01-05 18:06 | Cattleya & Relatives
2012年 12月 26日

Cattleya Batemaniana 'Shonan' その2

カトレア バテマニアナ 'Shonan' 

8/6に載せたのと全く同じ個体、同じ株です。
毎年春に伸びた新芽に夏~秋花を咲かせていましたが、今年は夏咲いたバルブから秋に新芽が伸びて冬にも咲きました。冬に咲いたのは初めてです。
夏の花より色彩がはっきり出ていい感じです。夏の花は赤とピンクの2色でしたが、今回は赤、ピンク、クリーム色のトリカラーがちゃんと出てバテマニアナの本領を発揮してくれました。
ネットなどで見るトリカラーのバテマニアナがいいなあと思っていたのですが、この個体も冬に咲くとトリカラーになることが分かって嬉しいです。
【写真をクリックすると大きくなります。】
a0267399_2312575.jpga0267399_23133984.jpg

鉢からはみ出して植え替えの時期を逸してしまったので鉢を上下逆さまにして吊って栽培しています。今では鉢の壁面を這い上がるまでになりました。
a0267399_2316673.jpg

[PR]

by hanasaka-tohsan | 2012-12-26 09:57 | Cattleya & Relatives
2012年 11月 06日

Rhyncholaeliocattleya Alma Kee 'Tipmalee'

リンコレリオカトレア アルマキー 'Tipmalee'

ドウイアナの色合い・色彩をそのままに整形・大輪に改良された交配種がこのアルマキーですね。
私は原種好きなので本当はドウイアナの良個体が欲しいのですが、このドウイアナ、なかなかの曲者で栽培が難しい。以前育てていましたが枯らしてしまい、今も1株あるのですが一向に大きくなりません。
そうした中、3年前このアルマキーを蔵王オーキッドさんが販売しているのを見つけ思わず買ってしまいました。今年はこれまでの中で最もよく咲いてくれました。2花茎4輪、NSは13cmほどです。シースは出ているのですが、3花茎目は残念ながら出てきませんでした。
往年の銘花と謳われるだけあって、ちゃんと咲くと本当にキレイです。
交配種ではありますが、ドウイアナの血を受け継いでいるので、日によく当ててあげると花上りがいいようです。
a0267399_16561861.jpga0267399_16571716.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2012-11-06 17:05 | Cattleya & Relatives
2012年 10月 31日

Cattleya pumila

カトレア プミラ
ミニカトレアの代表選手ですね。このプミラどうも我が家ではうまく栽培できません。この株も10年以上栽培していますが、毎年1輪か2輪、咲かない年も・・。3輪同時に咲いてくれたのは今回が初めて!! 花型としてはいたって普通のプミラですね。
a0267399_063927.jpg

[PR]

by hanasaka-tohsan | 2012-10-31 12:00 | Cattleya & Relatives
2012年 10月 30日

Cattleya maxima 'Peru'

カトレア マキシマ 'Peru'

マキシマは、ペタルは狭いけれど、リップの網目模様が何とも魅力的で惹かれてしまいます。
蘭会の方がハワイで購入した濃色の選別個体を11年前に株分けして頂きました。小苗だったので咲くのに5年掛かりましたが、それ以降は毎年咲いてくれます。我が家ではだいたい夏~秋に咲くことが多いです。日によく当ててやると花上りがいいように思います。'Peru'という名前からしてペルー産の個体なのかも・・。a0267399_19421840.jpga0267399_1943980.jpga0267399_1943396.jpga0267399_19442221.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2012-10-30 12:00 | Cattleya & Relatives