花咲か父さん 洋らん栽培 

hanasakato.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Habenaria( 5 )


2015年 10月 12日

Habenaria erichmichelii その3

ハベナリア エリクミケリー

昨年から植え替えないでそのまま放置していたら、いつの間にか新芽が出ていました。根が傷むのが怖く、植え替えせずにそのまま栽培しています。分球したようで今年は2芽出て来ました。
昨年よりは状態がいいようですが、来年は鹿沼土主体の用土に植え替えようと思っています。
a0267399_2285735.jpga0267399_2293026.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2015-10-12 02:31 | Habenaria
2014年 09月 26日

Habenaria erichmichelii その2

ハベナリア エリクミケリー

エリクミケリー、何とも呼び辛い名前ですが、Erich Michel(エリック マイケル)さんという蘭園のオーナーが名前の由来になっていると聞くとなんとなく親しみが湧いてきます。
Habenaria rhodocheilaによく似ているので混同されている向きもありますが、 rhodocheilaはオレンジ色が基本で色の抜けた黄色もあるという感じです。ピンク色のものでrhodocheilaで流通しているものの殆どはerichmicheliiではないかと最近思い始めています。
昨年は8輪咲きましたが、今年は3輪だけ。今年の春に植え替えたんだけど、思ったほど育ちませんでした。
昨年は鹿沼土にミズゴケを混ぜていました。今年は多肉植物用の用土。昨年のように酸性度のやや強い土の方がいいのかも。
a0267399_23104455.jpga0267399_231057100.jpga0267399_2311108.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-09-26 23:12 | Habenaria
2014年 09月 19日

Habenaria medusa その2

ハベナリア メデューサ

今年の春に植え替えようと思っていたらいつの間にか新芽が伸びていて植え替え時期を逸してしまったのでそのまま栽培しています。来年こそは植え替えなければ・・。
球根が2つに殖えていたみたいで2花茎上がりましたが、花数は少なく昨年1花茎30輪咲いたのに比べると2花茎合わせてもそこまで及びそうもありません。
a0267399_1175931.jpga0267399_1181285.jpga0267399_1183299.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-09-19 01:22 | Habenaria
2013年 09月 22日

Habenaria erichmichelii

ハベナリア エリクミケリー

蘭会の方から今年の春に頂いたものです。東南アジアに産する地生蘭です。
Habenaria rhodocheila(ハベナリア ロドケイラ)によく似ているのでロドケイラの名で流通していることも多いようですが、10年ほど前新種として登録されています。
ロドケイラがオレンジ色であるのに対し本種はピンク色で、ロドケイラに比べ「なで肩」な花形をしています。
濃いピンクから薄いピンクへのグラデーションがオシャレです。
頂部まで咲き切って写真撮ろうと思っていたら、下の方から萎み始めたので慌てて撮りました。NS 2cm
a0267399_0174938.jpga0267399_0183096.jpga0267399_018486.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-09-22 00:24 | Habenaria
2013年 09月 03日

Habenaria medusa

ハベナリア メデューサ

東南アジアに産する熱帯性の地生蘭です。
数年前に導入されたころはmyriotricha(ミリオトリカ)の名で流通していましたが、最近medusaが正式名と分かり、現在myriotrichaはシノニムになっています。
扇子の骨を広げたような花形が奇妙でもありまた美しくエレガントということでかなりの人気種となりました。個人的にもこのような奇・美の2文字が入る種が大好きです。
当初は咲けば蘭会や蘭展で入賞するくらいの人気ぶりでした。最近は数多く出回っていることもありかつてほどの勢いはありませんが、やはりその美しさは健在です。
秋に地上部が枯れてからは温室に入れたまま水遣りを殆どしないという乾燥条件が必要になります。春の芽出し前に球根(芋)を植え替えて春~夏肥培して育てるというサイクルなのですが、案外これが難しい。冬の間に球根が消えてなくなるのはしばしば。同じ球根を永年栽培しているうちに球根が痩せ細ってくるということもあります。蘭仲間に聞いても同じ現象を経験しているようなので、この種は球根に寿命があるのではないかと思い始めています。それほど大きな個体差はないので、弱ってきたら新しい株に更新するのがいいのかも。
a0267399_16484379.jpga0267399_1649517.jpga0267399_16493218.jpg

こちらは咲き始めの花、最初のうちはリップの橙色の点はなく、咲き進につれて色づいてきます。
a0267399_16541273.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-09-03 00:10 | Habenaria