花咲か父さん 洋らん栽培 

hanasakato.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Phragmipedium( 2 )


2014年 05月 29日

Phragmipedium (wallisii × warscewiczianum)

フラグミペディウム (ワリシー × ワーセウィッチアナム)

2003年望月蘭園さんから小苗を頂き育てたものです。
ラベルには、wallisii ‘Jungle Ghost’ ×warscewiczianum ‘Super Strider’とあります。
過去に4回咲いていて前回咲いたのは2011年なので3年振りの開花となります。
wallisiiやwarscewiczianumはcaudatumにとてもよく似ていてこれら3種、私には区別できません。このwallisii × warscewiczianumもcaudatumにそっくりでこれまた判別不能です。
中南米の高地産なので夏場は出来るだけ涼しいところで管理する必要があります。冷房室に入れるのが無難ですが、入れなくても何とか栽培可能です。
なお、これから始まる池袋サンシャインシティ蘭友会らん展に出品しました。
a0267399_0543036.jpga0267399_0545230.jpga0267399_0551674.jpga0267399_0553045.jpga0267399_0554554.jpga0267399_056249.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-05-29 00:59 | Phragmipedium
2012年 06月 26日

Phragmipedium caudatum (Guatemara type)

フラグミペディウム コーダタム (ガテマラ タイプ)

パフィオペディルムが東南アジアを中心に自生しているのに対し、こちらのフラグミペディウムは中南米を中心に自生しています。
本種はペタルが非常に長く伸びるので観賞価値が高く人気があります。ペタルが伸びて先端が地面に着くとそれ以上伸びなくなってしまいます。写真のように鉢を高い位置に置きペタルが何にも触れないようにしておくとペタルを長く伸ばすことができます。
普通は花色がもう少し緑ががっていますが、このガテマラタイプは色が濃いようです。
今年はよく咲いてくれて、ペタルの長さは66cmありました。
夏場少し暑がるのでできるだけ涼しいところで栽培するようにしています。
似た種類にwarszewiczianum(ワーセウィッチアナム)、wallisii(ワリシー)、popowii(ポポウィー)exstaminodium(エクススタミノディウム)、がありますが、正直どれがどのように違うのかよくわかりません。
a0267399_1231341.jpg
a0267399_12324559.jpga0267399_12332781.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2012-06-26 12:36 | Phragmipedium