カテゴリ:栽培環境紹介( 6 )


2014年 07月 21日

2014年夏 アミール仕様変更

6月末からアミール(クーラー付き栽培ボックス)を使い始めました。
今年は断熱効果を上げようといろいろ工夫しましたが、期待したほどの効果がなく、太陽光が差し込むとアミール内の温度上昇が大きい割に照度が十分上がらないことが判明。クーラーの稼働時間が長いのも気になっていました。そこでPLANTさんのアドバイスをもとに発想を変え、太陽光を取り込むのではなく、思い切って太陽光を完全に遮断しLED照明のみの栽培に切り替えることにしました。

アミールの内側には断熱と光を反射させる目的でレジャー用アルミ箔付き発泡ウレタンシート(厚さ8mm)を貼り付け。
外側のガラス面にも太陽光の反射と断熱を兼ねて同じウレタンシートを貼り、更にプチプチシートでカバー。
アミールには左右3段ずつ計6つ棚があるのですが、LED電球消費電力節約のため左右2段ずつ4棚のみ使用することに決定。
内部はこんな感じ。
a0267399_233815100.jpg


各棚の様子は⇓
左上棚 左:60型LED電球 昼光色、右:60型LED電球 電球色       右上棚 左:20型LED電球 昼光色、右:40型LED電球 昼光色
a0267399_2339081.jpga0267399_23394012.jpg

左下棚 左:60型LED電球 昼光色、右:60型LED電球 電球色       右下棚 左:20型LED電球 昼光色、右:40型LED電球 昼光色
a0267399_23403953.jpga0267399_23413190.jpg
植物の生育には赤色波長が有効らしいので左の棚だけは赤っぽい電球色も混ぜてみました。
肝心の照度ですが、左側の60型LED電球をつけた棚は真下で4,000~6,000ルクスくらい、棚の端で2,000ルクスくらい。
右側の棚は少し低く真下で3,000ルクスくらい、棚の端で1,500ルクスくらいです。
LED電球の電力消費量は8個合わせて約60W。

外観はこんな感じ。遮光してあるので中の様子は見えません。       さらに西日除けに遮光率90%以上のネットも。
a0267399_2344753.jpga0267399_23442658.jpg

今回は光を通す素材でなくていいのでかなり徹底した断熱の工夫が出来ました。ガラス面の厚みは断熱材を含めて約4cm。今回の断熱・LED照明に掛かった費用は合わせて2万円弱でした。
使い始めて間もないですが、クーラーの稼働時間は格段に少なくなった気がします。あとは植物の生育がどうか・・ですね。
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-07-21 18:35 | 栽培環境紹介
2014年 07月 08日

2014年夏 アミール使用状況

今年は6月28日からアミール(クーラー付き栽培ボックス)を使い始めました。昨年は6月15日使用開始ですので、約2週間遅れです。今年は昨年ほど暑くないような気がします。  2年前(2012年)の夏は⇒こんな感じ

昨年までは断熱のためポリカーボネート中空板をガラス内側に張り付けていたのですが、今年はもっと断熱効果を上げるため、もう一枚中空板を追加し2枚重ねにしました。更に断熱のため、ガラスの外側はプチプチシートで覆ってあります。
6月下旬 セットアップ完了 あとはクール種洋蘭入れるだけ。
a0267399_20431032.jpga0267399_20542825.jpg


照明ですが、向かって右上の棚にあるのが植物育成用20W蛍光灯。アミールの標準装備品で各棚に2個の蛍光灯が付くことになっています。全部つけると12個の蛍光灯で240Wにもなり、これだけで大変な発熱量になってしまいます。なので、うちでは右上棚の1灯のみ使用。
左下の棚には今年から昼光色電球型LED(60型相当)を2個付けてみました。消費電力は2つ合わせて20Wと省エネですが、これが結構明るいです。
a0267399_20592093.jpg

最近1,000円ちょっとで買える安価な照度計があるのを知り、アマゾンで購入しアミール内の照度を測ってみました。
植物育成用20W蛍光灯の真下20cm位で2000~2500ルクスくらい、端の方で1500ルクスくらい
電球型LED2個の真下20cm位では6000ルクスくらい、棚の端でも3000ルクスくらいあります。
見た目でも確かに明るさが違うし、電球型LEDは植物に有用な赤色波長も割と多いとどこかに書いてあったので、将来的には蛍光灯を止めてLEDに変えようかとも思っています。
一方、照明のない棚は斜めから差し込む太陽光のみなので外が曇りの日で1000ルクスくらいしかありません。日除けをつけるとさらに低くなると思われます。出来るだけ弱光に耐えるものをこちらに置きます。

扉を閉めるとこんな感じ。                             日が当たって暑くなると外側に日除けを垂らします。
a0267399_2114592.jpga0267399_2122061.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-07-08 00:05 | 栽培環境紹介
2014年 03月 02日

温室の暖房機更新

1月中旬に温室の暖房機が停止し蘭の一部が枯れるというアクシデントがあったのですが、スイッチを入れ直すとちゃんと動いたので警報機と予備の電気ヒーターを設置し、騙し騙し使っていました。しかし、そのうちエラー表示が頻発するようになり、遂に起動しなくなってしました。
その後石油ストーブを温室に入れて急場を凌いでいたのですが、排気ガスの影響なのか咲きそうなツボミも落ちたり、咲いたものも直ぐに萎れてしまったりと散々でした。
これまで何度も修理していたので今回も修理しようかと迷いましたが、もう10年近く使っていて寿命かなと感じたので思い切って更新することにしました。
今まではTOYOTOMIの温室用FFファンヒーターを使っていて、同様のものを購入しようと調べたら現在温室用は製造中止となっていました。修理業者さんによると「家庭用のものでも前面のパネル部に水が掛からないようにすれば大丈夫ですよ。」とのことでしたので家庭用のものをネットで購入しました。注文したのと違う品番のものが届くなど混乱もあり時間が掛かってしまいましたがやっと設置が完了しました。これで一安心です(^_^)/
温室用に比べ家庭用の方はお値段も半額以下で購入できラッキーでした。
a0267399_16594592.jpg

前面のパネル部に水が掛からないように透明シートとビニルテープでカバーしました。
a0267399_1741943.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-03-02 00:09 | 栽培環境紹介
2014年 02月 15日

2014年2月またまた大雪

45年振りと言われた大雪の1週間後にまたまたこんな大雪が降るとは!!
昨晩からの雪が雨に変わり、午前中で止んだのでその後、うち(所沢)の庭で積雪を測ったら40cmの物差しで足りませんでした。たぶん45cmくらいはあったかと・・。前回より10cmも多く積もりました。あっさり記録更新です。
昨日の東京ドームらん展内覧会にも行けず、今日も道路の雪かきや温室の雪下ろしでへとへとになったことと、交通機関の乱れが続いていることもあり今日もドームに行くのを断念。来年にはブログ仲間の皆様にお会いしたいと思います。
a0267399_17234698.jpga0267399_17373594.jpg

こちらはアルミの枠とプラスチック板製の手作り低温室。(ガラス温室に隣接)  雪の重みで屋根が壊れそうなので雪下ろししました。
a0267399_17335791.jpg

[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-02-15 17:46 | 栽培環境紹介
2012年 08月 15日

アミール現状

暑くて今は殆ど花が咲いていないので、蘭ではなくアミールの現状を紹介します。
アミールがやって来た時の様子はこちら
アミールは1階軒下に置いてあります。直射日光が当たる場所なのでいろいろ工夫して暑さを凌いでいます。
現在の温度設定は、7時から20時が26℃、20時~翌日7時が19℃。中には2台のファンが回っています。
最も外側には黒い日除けネット(遮光率40%くらい)
a0267399_12291671.jpg

内側には銀色の日除けネット(遮光率50%くらい)
a0267399_1231999.jpg

ガラス面には断熱用に大きめのプチプチシート(梱包材)を貼っています。
a0267399_12332872.jpg

さらにガラス面の内側にはポリカーボネートの断熱板(5mmくらいの厚さで中空になっているもの)を貼りました。ガラスの外側に貼ったプチプチシートだけでは翌朝プチプチシートの外側が露で濡れていましたが、ポリカーボネート板を貼ってからはこれがなくなりました。これだけ対策を行ったので、思ったほどクーラーの電気代は掛かっていないように思います。(以前持っていた冷蔵ショーケースと同じくらい?)
a0267399_12371922.jpg

中の蘭の様子
上段には蛍光灯がついていますが、何重にも遮光や断熱のシートを貼ってあるので下の段はやはり光不足になっていると思います。 早く涼しくなってくれないかなあ。 
a0267399_1240594.jpg

[PR]

by hanasaka-tohsan | 2012-08-15 12:54 | 栽培環境紹介
2012年 06月 05日

冷蔵ショーケース⇒アミール

今までクールタイプの蘭は夏の間だけ冷蔵ショーケースに入れて栽培していました。
温度コントローラーを別につけて昼間は25℃、夜は18℃になるようコントロールしていました。
クールタイプの蘭が増えるにつれてもう過密状態になっておりましたが、先日、蘭会の大先輩よりアミールを譲っていただけるという話があり、早速お宅まで出かけ分解して、自宅に持ち帰りました。
先週土曜日に何とか組み立てることができました。アミール初期Versionなので保冷効果を上げるため2重ガラスになっているのでかなり重いです。
この設置により収容容積が2倍以上になるのでゆったり栽培できると期待しています。
今まで使っていた冷蔵ショーケースは嫁入り先も決まりほっとしています。

自宅にやってきたアミール                             嫁入り先の決まった今まで使っていた冷蔵ショーケース
a0267399_113472.jpga0267399_124880.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2012-06-05 01:04 | 栽培環境紹介