花咲か父さん 洋らん栽培 

hanasakato.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Paphiopedilum( 43 )


2013年 07月 22日

Paphiopedilum superbiens 'Road River' × 'Suwada' その2

パフィオペディルム スーパービエンス 'Road River' × 'Suwada'

ちょうど1年前にアップしたのと同じ個体です。今回は顔をドアップにしてみました^_^
今年の花の方がスーパービエンスの良さが出ているような気がします。
この株とは長いお付き合いで15年が経過しました。枯れずに毎年よく咲いてくれます。
a0267399_2258685.jpga0267399_22575144.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-07-22 00:05 | Paphiopedilum
2013年 07月 02日

Paphiopedilum Magic Lantern その2

パフィオペディルム マジックランタン

昨年も登場した同じ個体です。ラベルを見たら13年前に購入していました。3花茎出てきて1輪目はいい花が咲きましたが、2輪目はちょっと不完全な咲き方でした。3輪目はどうなるでしょうか。
昨年は1輪だけで、片方のペタルの開きが悪かったですが、今年はほぼ左右対称に咲いてくれました。
3花茎出て来たのは初めてで、バークたい肥(バイオバーク)に植え替えてから調子がいいみたいです。ただ今ではバークたい肥、手に入らないので次の植え替えは洋らんソイルかなあ。
a0267399_2243942.jpga0267399_2242581.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-07-02 00:20 | Paphiopedilum
2013年 06月 29日

Paphiopedilum druryi 'K&T #1'

パフィオペディルム ドルーリ 'K&T #1'

20年ほど前に全蘭の有名な方から頂きました。 ラベルを見ると'The King' HCC/AOS × selfとなっているので実生苗を購入されて、いい花が咲いたので個体名を付けられたのでしょう。花は小さいですが、確かにいい形をしています。
ドルーリは咲きづらいことで有名で、この株長年育てていますが、咲いたのは確か2回目です。久しぶりに今年の春植え替えしたのですが、そのショックで花芽ができたのでしょうか? 
自生地を調べたら南インドの標高1000~2000mとありました。ちょっと高いところに自生しているようなので夏場涼しくしてあげると咲きやすくなるのかもしれません。
本種はほふく茎を長く伸ばすものもあるようですが、この個体はそれほど長くならないので、鉢に納まりやすく重宝しています。
a0267399_22132497.jpga0267399_22132921.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-06-29 22:32 | Paphiopedilum
2013年 06月 25日

Paphiopedilun rothschildianum

パフィオペディルム ロスチャイルディアナム

8年前sawaさんから頂いたものです。2007年初花2輪、2010年3輪、2011年3輪と来て、今年4輪咲きました。少しずつ作上がりしているようで嬉しいです。
やはりロスは迫力ありますね。ロスの割には株が小さくて咲くので狭い温室にもなんとか置けています。
a0267399_041819.jpga0267399_10404714.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-06-25 00:54 | Paphiopedilum
2013年 06月 13日

Paphiopedilum Magic Lantern 'K&T' その2

パフィオペディルム マジックランタン 'K&T'

この株も昨年7/14に既出です。今年は1花茎2輪着きましたが、1輪目はペタルとドーサルが融合してしまいねじれた花になってしまいました。2輪目はちゃんと咲きました。花は大きくありませんが色は濃い良個体です。
a0267399_2216549.jpga0267399_22162041.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-06-13 00:05 | Paphiopedilum
2013年 05月 29日

Paphiopedilum esquirolei (Q)

パフィオペディルム エスクロレイ (Q)

こちらも先日行った草月園さんで買ったものです。他にもエスクロレイ持っているのですが、花を見た瞬間ペタルが広く、いい個体だなあと思ったので買ってしまいました。
ということで個体を識別するために今まで持っていたものを(P)、今回買ったものを(Q)とすることにしました。
こちらもバークに植えてあり、まだ植え替えの必要はなさそうなのでこのまま育てることにします。
a0267399_18584049.jpga0267399_1859976.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-05-29 00:10 | Paphiopedilum
2013年 05月 28日

Paphiopedilum haynaldianum その1

パフィオペディルム ハイナルディアナム

先日蘭会の旅行に参加した際、山梨の草月園さんで買ったものです。
なかなかいい花だなあと思ったのと、最近蘭屋さんでもハイナルディアナム殆ど見かけないので買える時に買っておこうと思ったのが理由です。
コンポストはバーク単用です。まだ大丈夫そうなのでこのまま植え替えないでおきます。
次の芽も出ているので来年また咲かせるよう頑張ります。
a0267399_0455170.jpga0267399_0461543.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-05-28 00:02 | Paphiopedilum
2013年 05月 18日

Paphiopedilum bellatulum fma. album (Q) その2

パフィオペディルム ベラチュラム フォーマ アルバム (Q)

昨年10月にアップしたのと同じ個体です。NS6.3cmと大きくはないですが、昨年秋の花に比べ形が少し良くなりました。もう一輪ツボミがあるので咲くのが楽しみ。
バークたい肥で植えていてもう4年間も植え替えていないので、咲き終わったらそろそろ植え替えをしなければ・・。
最近バークたい肥が手に入らなくなったので、「洋ランソイル」というコンポストを使い始めています。パフィオにはなんとなくいいような気がしています。
a0267399_1954772.jpg

[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-05-18 00:25 | Paphiopedilum
2013年 05月 01日

Paphiopedilum hirsutissimum その2

パフィオペディルム ヒルスティッシマム

こちらも昨年4/28にアップしたのと同一株です。 ラベルを見ると1989年購入となっているので24年間栽培していることになります。うちでの最古参の一つです。
最初の10年くらいはミズゴケ植えでしたが、その後杉皮に変更してやはり約10年栽培していました。杉皮での生育は悪くなかったのですが、年数が経つと杉皮に白い粒々のカビのようなものがはびこってしまったので、最近は発酵バーク植えに変えました。これまでの経験からミズゴケよりも杉皮や発酵バークでの生育がいいように思います。
丈夫な種類でほぼ毎年花を着けてくれます。
a0267399_22495166.jpga0267399_22502242.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-05-01 00:12 | Paphiopedilum
2013年 04月 27日

Paphiopedilum delenatii (Q)

パフィオペディルム デレナティー (Q)

10年以上前から育てていて、どこから入手したか定かではありません(忘れてしまいました)。ペタルが広くリップの色もそこそこ濃いので(Q)という記号で識別しています。
殺菌剤(確かサプロールだったような・・)の薬害で一度調子を崩し、殆ど生長が止まったこともありました。やっと回復し昨年から咲くようになりました。
温度は高めで、ミズゴケ植えがいいと聞いたのでそのように育てています。
a0267399_11254211.jpga0267399_11253434.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-04-27 02:02 | Paphiopedilum