花咲か父さん 洋らん栽培 

hanasakato.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Paphiopedilum( 43 )


2012年 05月 11日

Paphiopedilum primulinum × leucochilum

パフィオペディルム プリムリナム×リューコキラム 

10数年も前に買ったと思うのですが、一時株分けして蘭会の方にお譲りしたら親株が枯れてしまって、今度はお譲りした方が株分けしてくれて里帰りしたという時の流れを感じる株です。

まさにプリムリナムとリューコキラムを足して2で割ったような顔をしています。
花の咲き方でいうと、プリムリナムは少しずつ順次数輪咲き、リューコキラムは1輪だけです。この種はやはりその中間で2輪くらいを順番に咲かせます。
交配者はどんな花を狙っていたんだろう?と考えてしまいます。
a0267399_2023455.jpg

a0267399_2033657.jpg

[PR]

by hanasaka-tohsan | 2012-05-11 20:11 | Paphiopedilum
2012年 05月 02日

Paphiopedilum sukhakulii

パフィオペディルム サクハクリー

ラベルを見たら1985年購入となっていました。27年も前に買ったことになります。蘭栽培を始めたばかりの頃だと思います。花屋さんの片隅で花の終わった株を安価で買った覚えがあります。
パフィオは葉に斑のはいったタイプ(シグマトペタラム亜属)はミズゴケ植えがいいと聞いたので以来ずっとミズゴケで植えています。毎年よく咲いてくれます。よく殖えるので時々株分けして蘭会の方々数名にお譲りしました。

ペタルに散りばめられたスポットの入り方や、花の展開がよく気に入っています。春咲くことが多いです。

a0267399_1552317.jpg

a0267399_1553110.jpg

a0267399_15533470.jpg

[PR]

by hanasaka-tohsan | 2012-05-02 15:54 | Paphiopedilum
2012年 04月 28日

Paph. hirsutissimum と esquirolei (P)

こちらはPaph. hirsutissimum パフィオ ヒルスティッシマム
a0267399_126586.jpg


続いてPaph. esquirolei パフィオ エスクロレイ (P)
a0267399_1293963.jpg


正面から見るとよく似ていて区別が難しいです。(ペタルの張りは個体差なので種別を見分ける決め手にはなりません)

詳しい人によれば裏から見た時、子房に細毛がたくさんついているのがhirsutissimum、ほとんどないのがesquiroleiだそうです。確かにそんな気がします。

Paph. hirsutissimumの子房にはたくさん細毛があります。
a0267399_1445434.jpg


Paph. esquiroleiの細毛は僅かです。
a0267399_1451110.jpg

[PR]

by hanasaka-tohsan | 2012-04-28 01:50 | Paphiopedilum