花咲か父さん 洋らん栽培 

hanasakato.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Orchids (Others)( 107 )


2016年 02月 04日

Clowesia Grace Dunn 'Chadds Ford' その4

クロウェシア グレースダン 'Chadds Ford'

昨年もちょうどこの時期にアップしましたが、今年は3バルブから13花茎出て昨年よりも豪華に咲いたのでアップすることにしました。今までの中では最高の出来かもしれません。
以前、この種はプラ鉢栽培の方が生育がいいと書いたことがありますが、この大株は素焼き鉢のまま育てています。大株になると、素焼き鉢でも水持ちがいいためか、問題ないようです。
なお、この種は初冬に花芽が出てくるのですが、鉢の淵に花芽が当たり伸びが止まってしまうことが多いので、花芽が出て来たら一度鉢から抜いて、高植えに植え直すとスムーズに花芽が伸びてきます。この株もそうしています。
a0267399_14172218.jpga0267399_14181833.jpga0267399_14174756.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2016-02-04 14:21 | Orchids (Others)
2016年 01月 31日

Fredclarkeara After Dark 'SVO Black Pearl' その2

フレッドクラーケアラ アフターダーク 'SVO Black Pearl'

2013年2月に立派に咲いたのでブログにもアップしたのですが、2年前(2014年)に暖房機の故障で低温障害を起こしてしまったため回復にかなり時間が掛かりました。3年振りの開花となります。
このFredclarkearaという変わった属名、どこから来ているのか気になったので調べてみました。その結果、この種After Dark 'SVO Black Pearl' を作り出したSunset Valley Orchids の創始者であるFred Clarkeさんという方の名前が由来であることが分かりました。なるほど、それが分かると、なんだか舌を噛みそうな属名も親しみが湧いてきます。
a0267399_2365762.jpga0267399_2371510.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2016-01-31 23:13 | Orchids (Others)
2015年 12月 31日

Pleurothallis megalops

プレウロザリス メガロプス

2011年2月東京ドームでエクアジェネラさんから購入しました。
購入後3年ほどはミズゴケ・プラ鉢植えで栽培していましたが、生育が思わしくないので、2014年3月に洋ランソイルで植え替えてみました。そうしたら、調子を取り戻したようで、葉数も増え数花茎上がって今回初花が咲きました。
ミズゴケ植えから洋ランソイルに植え替えると調子を崩すものが多い中で、例外的な存在です。やってみないと分からないものです。
エクアドルのアンデス山地に自生しているそうで、バリバリのクール種です。夏場は冷房(アミール)栽培が欠かせません。
虫のような花容ががゲテモノ好きには堪りませんね。リップの形や毛の生えているところなどBulb. jolandaeに似ていて、思わず買ってしまったのを覚えています。
花はとても小さくNS2cmほどです。 植えてあるのが2号プラ鉢ですので花の大きさが凡そ分かると思います。
a0267399_2553371.jpga0267399_255465.jpga0267399_2555644.jpga0267399_2561064.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2015-12-31 03:02 | Orchids (Others)
2015年 12月 27日

Cycnodes Taiwan Gold 'Taiwan Orange'

シクノデス タイワン ゴールド 'Taiwan Orange'

今年の2月東京ドームで台湾の蘭屋さんから買いました。ラベルにはORCHIS FLORICULTURING INCとあります。
シクノチェスとモルモデスの属間交配種で、割と丈夫なのかも。
購入時既に長さ20cmほどある大きなバルブでした。春~秋の生育期にさらに大きく育ち、2花茎21輪咲きました。NSは約7.5cm
秋口に花芽が出て、葉が落ちると花が咲きます。
シクノチェスのように上下逆さまに咲くのではなく、普通の蘭のように咲きます。ただ、モルモデスの血筋が入っているせいか、つり目のちょっと厳つい顔に見えます。
個体名はタイワン オレンジですが、オレンジというより赤褐色に近いです。
シクノチェスの血筋を受け継いで、ジャスミン系の芳香もありますよん。
a0267399_052417.jpga0267399_054250.jpga0267399_055796.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2015-12-27 00:12 | Orchids (Others)
2015年 11月 09日

Diodonopsis erinacea

ディオドノプシス エリナセア

南米原産のミニ洋蘭です。ネットで調べると低地でも自生しているようですが、これだけ小さくて繊細な植物ですので、夏場はアミールに入れてクールタイプとして栽培しています。
昨年(2014年)1月にエクアジェネラさんから買いました。そこそこ大きな株だったので、2つに分け、一つはミズゴケ植え、もう一つは洋ランソイル植え(いずれもプラ鉢)の2種類でどちらが生育がいいかテストしてみることにしました。
結果的にはミズゴケ植えの方は枯れてしまい、こちらの洋ランソイル植えだけが生き残り花が咲きました。初花です。
洋ランソイルはいろんな種類で試しましたが、マスデはうまく育ちません。その他の種類でもあまり成績がいいとはいえませんが、このDiodonopsis erinaceaだけはちゃんと育って花が着きました。
相性の良否はやってみないと分かりません。なので、ミズゴケで生育が今一な物や、ミズゴケ植えで植え替え時に根が傷んでしまいそうなものを洋ランソイルで植えてテストしています。
a0267399_0452698.jpga0267399_0463100.jpga0267399_1393326.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2015-11-09 00:49 | Orchids (Others)
2015年 10月 22日

Spiranthes cernua

スピランテス セルヌア

北米産で日本のネジバナに近縁、和名は白花秋咲き大輪ネジバナというそうです。(別名アメリカネジバナ、アメリカモジズリ)
昨年末に「高尾の狸」さんから頂いたものです。高尾の狸さん、ありがとうございました。
頂いた時はほぼ休眠中で地上には小さな葉がちょこっと残っている程度でした。冬の間は低温室(最低気温5℃くらい)に置き、たまに水やりしていました。
春~夏に生長し、今開花しました。3株ありましたが2株は病気が入ってしまったので抜き取り、1株だけの開花となりました。
花茎は約40cmと日本のネジバナより長いです。1輪のNSは5mm程度と極小輪。
ネジバナは群生させると見栄えがするので、少しずつ殖やしていければと思います。
a0267399_153752.jpga0267399_155363.jpga0267399_161180.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2015-10-22 01:11 | Orchids (Others)
2015年 10月 19日

Clowesia Grace Dunn 'Chadds Ford' プラ鉢・素焼き鉢による生育の違い

クロウェシア グレースダン 'Chadds Ford'

この品種を今年の春に植え替える際、ミズゴケ・プラ鉢植えとミズゴケ・素焼き鉢植えの2パタンで生育の違いを見てみることにしました。
これまではミズゴケ・素焼き鉢植えでの栽培ばかりで、プラ鉢栽培はやったことがなかったのですが、近縁種のシクノチェスはプラ鉢植えの方が、生育がいいような気がしていたので、今年この品種でもどうなのか確かめようと思った次第です。
どちらも2号鉢で全く同じように育てました。同じ場所で管理し、夏場は肥料と水をどちらにも十分に遣りました。
結果は下の写真の通り。左が素焼き鉢植え、右がプラ鉢植え
a0267399_126156.jpga0267399_1264082.jpg
ご覧のように、プラ鉢植えの方が圧倒的に大きく育っています。こんなに違いが出るとは!!
プラ鉢植えのバルブは最大直径約4.5cm、高さ8cm、バックバルブの何倍もの大きさにも育っています。一方素焼き鉢のバルブは最大直径約2.5cm、高さ4.5cmで、バックバルブとほぼ同じ大きさです。最終的にもう少し太るとしてもバックバルブより少し大きくなる程度だと思います。
Clowesia Grace Dunnにはもう一つ'Beaver Valley'という個体もあり持っているので、こちらも同様のテストをしたのですが、やはりプラ鉢植えの方が、生育がよかったです。(今回写真はありません)
生育に違いが出る理由としては、夏場に養分をたくさん吸収する種類なので、夏場にコンポストが少し湿っていた方が養分を吸収しやすかったのではないかと考えています。
もしかしたら、素焼き鉢でも水をジャンジャンやるといいのかも・・・。
今回の結果を基に来年からはプラ鉢に切り替えようかなと思っています。
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2015-10-19 01:32 | Orchids (Others)
2015年 09月 23日

Chaubardiella dalessandroi (Q) その2

チャウバーディエラ ダレッサンドロイ

2年振りの開花になります。
昨年春にミズゴケから洋ランソイルに植え替えました。ミズゴケだと植え替えの時に根を傷つけてしまいそうというのが理由です。
コンポストが変わったことで生育が一時衰え、昨年は咲きませんでしたが、やっと洋ランソイルにも馴染んできたと見えて、今年2年振りに咲いてくれました。
バルブがない代わりに太い根を持っていて、そこに水を貯めているのだと思います。コンドロリンカやボレアなどと近縁ではないかと思います。
クールタイプなので夏場はアミールに入れています。
本来は垂れ下がって咲きますが、今回は支柱を立てて花茎を上げて撮影しています。
a0267399_245101.jpga0267399_2452289.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2015-09-23 02:47 | Orchids (Others)
2015年 09月 19日

Clowesetum Jumbo Lace その2

クロウェセタム ジャンボ レース

昨年に引き続き今年も咲いてくれました。今までとても咲き辛かったのですが、なぜか2年連続の開花となりました。
スパイシーな香辛料のような香りがします。
本来花茎が垂れ下がって咲くタイプなのですが、今年は支柱を立てて垂直に(シンビジウムのように)咲かせてみました。
このやり方では花が逆さを向いたり横向いたりと、どう咲けばいいのか迷ってしまったようです。次回はちゃんと垂れ下がらせて咲かせてあげましょう。
a0267399_0595062.jpga0267399_101285.jpga0267399_102687.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2015-09-19 01:04 | Orchids (Others)
2015年 07月 10日

Euchile (Prosthechea) mariae

ユーチレ? (プロステケア) マリエ

もともとEpidendrum属だったのがEncyclia属に変わりさらにProsthechea属となりました。
今ではEuchileという属にまた変更になったようです。
Euchileって何と読めばいいのか分からないし・・。ユーチレ?ユーキレ? ややこしや~
昨年6月に中藤洋蘭園さんから購入したシブリング苗に初花が来ました。ラベルには巨大輪×Selectとあります。
咲き進むにつれリップが大きく開いてきてふくよかな花容になりました。
ただ、蘭会の6月例会で、同じ交配で素晴らしい花を拝見したのでそれから比べるとまだまだといったところです。
中藤さんのお話ですと栽培のコツは冬に水を切ることだそうです。
a0267399_1656522.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2015-07-10 00:03 | Orchids (Others)