<   2013年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 31日

所沢 多聞院 蝋梅(ロウバイ) 2013

昨年の紅葉に続いて、今回は蝋梅と冬牡丹の花を見に行って来ました。残念ながら冬牡丹の方は花が終わっていました。
訪ねたのが夕方でしたが、よく晴れていたので夕陽が蝋梅の花に直接当たって綺麗でした。
a0267399_021548.jpga0267399_0213674.jpg
昨年秋素晴らしい紅葉を見せてくれたモミジの木は今こんな状況 昨年の紅葉はこちら
a0267399_0242281.jpg

境内には何やら枝の先に花芽らしきものを着けた大きな木が・・(何の木か分からないが花芽が大きいのでコブシ?ハクモクレン?)。多聞院は花のお寺としても知られ、四季折々の草花が楽しめるらしい。春になったらまた訪ねてみよう。この枝先に花が咲いていることを願って。
a0267399_0331694.jpg

[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-01-31 10:00 | 散歩・お出かけ
2013年 01月 30日

Masdevallia lilacina

マスデバリア リラシナ

2年前東京ドームで藩さんのブースで購入しました。Masd. pumilaの花は普通白色なのですが、こちらはほんのりピンク色に染まった個体です。その分少しお値段が張りました。
小さな株ですが同時に何輪も咲かせてくれるのが嬉しいです。マスデバリアなので夏場はアミールで栽培しています。
【2013/12/8追記】いろいろ調べてみたところ、pumilaにピンク色を帯びたものはなく、ピンク色を帯びているのはlilacinaであると判明しました。よく似ているので間違いやすいですが、改めてlilacinaの名に修正しました。
a0267399_1947446.jpg


[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-01-30 19:49 | Masdevallia
2013年 01月 29日

金の延べ棒 造幣局東京支局

造幣局東京支局を見学してきました。
敷地内には工場と造幣東京博物館があり、博物館では本物の金の延べ棒にさわることができます。手前の穴から手を入れるようになってます。もちろんナデナデしてきました。重さは刻印してあるように15314.0g、今の時価で7500万円以上。見るのも触るのも今回初めて。これで今年の金運が上がりますように!!
a0267399_18311.jpg
また、硬貨の診断機も設置されていて、手持ちの硬貨を入れると規格内かどうか判断し、診断書を発行してくれます。
a0267399_1204931.jpg
場所は池袋サンシャインシティの近くにあります。下の写真で右に見えるビルがサンシャイン60、左のビルが高層マンションのアウルタワーです。。
a0267399_0212398.jpga0267399_0543554.jpg
まず、造幣局紹介ビデオを見たあと博物館の展示物を丁寧に説明してもらえます。
造幣局というのはお札を造っているところだと思っていたのですが、造っているのは硬貨と勲章だけということでビックリ。お札は国立印刷局というところで造っているそうです。
東京支局ではプルーフ貨幣を造っています。プルーフ貨幣というのは表面をきれいに磨いて錆びないように塗料を塗った収集用の特別な貨幣です。工場で造っているのを見学でき(工場内撮影禁止)、敷地内の売店で購入できます。
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-01-29 10:00 | 散歩・お出かけ
2013年 01月 27日

Ceraria pygmaea

ケラリア ピグマエア

南アフリカ産の多肉植物です。昨年秋に多肉盆栽にできそうだと思って買いました。冬型(秋~春生長)と聞いているのですが、買ってから全く動きません。我が家に来て環境が変わったせいなのでしょうか?午前中日が当たる最低気温6℃くらいの低温室に置いています。いずれ生育のパターンが分かったら盆栽鉢に植え替えてやろうと思っています。それまで暫くはこのままで静観の予定。
a0267399_186880.jpga0267399_187199.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-01-27 10:00 | 多肉植物
2013年 01月 26日

Dendrobium peguanum

デンドロビウム ペグアナム

このペグアナム、洋蘭屋さんではたくさん花茎を伸ばして満開に咲いた株を案外お安く売っていたりするのですが、実際育ててみるとなかなかうまく育ちません。
冬の間はカラカラに乾かすくらいがちょうどいいという話を聞き、また今までミズゴケ・素焼き鉢栽培ではジリ貧になってきたということもあり、思い切って昨年の春にコルク着けにしてみました。その結果、万全ではありませんが、少しよくなったような気がします。僅かですが花が咲きました。このままもう少し育ててみようと思います。
バルブは小指の先ほどしかなく花も極小です。
a0267399_0555923.jpga0267399_0562513.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-01-26 10:00 | Dendrobium
2013年 01月 25日

石の郵便ポスト?

近くのお茶屋さんの前を通る度、面白い郵便ポストがあるなあと前から思っていたのですが、お茶を買うついでにお店の人に投函できるのかどうか聞いてみました。答えはNo、お店の郵便受けなのだそうです。撮影とブログ掲載の了解を頂いたのでアップします。
立派な石(たぶん赤系の御影石)製です。
a0267399_16131292.jpga0267399_1614736.jpg
間違って投函する人がいるとみえて、投函口に注意書きがありました。
a0267399_16161490.jpg

[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-01-25 10:00 | 散歩・お出かけ
2013年 01月 24日

Dendrobium speciosum var. compactum

デンドロビウム スペシオサム バー コンパクタム

Dendrobium speciosumはオーストラリアに自生し、日本では大明石斛(タイミンセッコク)とよばれています。凍らない程度の温度があれば栽培できることから、山野草的に栽培されていることもあります。花期は1週間ほどと短いです。
普通種は大きなバルブに雄大な花穂を伸ばし咲くのが魅力ですが、大きくなりすぎて持て余してしまうことも多いようです。
本変種(コンパクタム)はあまり大きくならないタイプで、場所を取らないので重宝します。var. pedunculatum と呼ばれることもあるようです。冬場の温度を下げると咲きやすいと聞いていますが、この株に関してはそのような対策をしなくても咲いてくれます。
a0267399_035287.jpg

a0267399_03553100.jpga0267399_0361054.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-01-24 10:00 | Dendrobium
2013年 01月 23日

Dendrobium violaceum

デンドロビウム ビオラセウム

ニューギニアの高地産というのでクールタイプに属すものです。ネットで見ると花色が白っぽいものから濃い紫紅色までバリエーションが大きいようです。本株はごく一般的なピンク色です。
買ったときは素焼き鉢に植えてありそのまま育てていましたが、あまり元気がないのでプラ鉢に植え替えたら元気を取り戻し花が咲きだしました。こうした小型でクールタイプのデンドロは概して水が好きなものが多いようです。
1年半ほど前に買って今回初花です。2輪咲きですが、他にもつぼみが上がっています。花期は長いと聞きましたので楽しみにしています。
a0267399_22405780.jpg
a0267399_22413451.jpg

[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-01-23 10:00 | Dendrobium
2013年 01月 22日

Massonia echinata

マッソニア エキナータ

先日のサンシャイン蘭展で多肉屋さんもお店を出していて、最終日に買ってしまいました。
昔エキナータだと思って買った球根がデプレッサだったので、今回改めてエキナータ入手です。
ネットで見るとエキナータには変異が大きく、いろいろなタイプが紹介されています。本株は葉に細かな毛が生えるタイプだとお店の人から説明がありました。確かによーく見ると細かい毛が生えています。
実生から数年かけて育てた初花だそうで、両葉合わせてもまだ6cmくらいしかありません。
雄しべの先の袋が青く、そこが割れて黄色い花粉が出て来るみたいです。
【写真をクリックすると拡大されます。】
a0267399_18211178.jpg

[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-01-22 09:46 | その他の植物
2013年 01月 21日

2013年 第67回 JOGA洋らん展

日本洋蘭農業協同組合(JOGA)の洋ラン展が銀座フェニックスプラザで開催されていたので、最終日1/20に行って来ました。
どの蘭展に行っても初めて見る花に出会えるのが嬉しいです。今回もいくつか出会えたのでそんな花を中心に載せたいと思います。

宮内庁出品のPaph. Arthurianum (fairrieanum × insigne)原種の面影を強く残した渋くていい花ですねえ。両親の特徴がよく出ています。
a0267399_092149.jpga0267399_095340.jpg
Paph. virens album 'M-U'                    Paph. wardii 'Little Giant' ペタルが広くて整形、SMを受賞していました。
a0267399_0142343.jpga0267399_0145640.jpg
Paph. Kemp Tower 'Kuon'                      Paph. Prince Edward of York 'Ocean'
a0267399_0172117.jpga0267399_0174650.jpg
C. Dominiana (intermedia x maxima) 'Blue Phoenix' 初めて見ました。ブルーの網目が美しい。
a0267399_0222265.jpg
C. Classic (violacea x walkeriana)’Miharu' ワルケでもないビオラセアでもないと思ったら、どおりでその交配でした。
a0267399_0382663.jpg
C. trianae fma. trilabelo 'La Dorado' ワカヤマオーキッドさんからこんな花が出品されていました。ペタルがリップ化したような感じです。これから人気が出そう。でも高そう。
a0267399_0443644.jpga0267399_045428.jpg
C. loddigesii 'Vi-Fujita MarkⅡ' リップのフリルが美しい。    C. alaori 'Pure Smile'
a0267399_0502651.jpga0267399_0503979.jpg
Clowesia Joe Betts (warscewiczii x russeliana) 'Tin Man' これも初めて見た。   Paph. Yellow Light 'Fairy'
a0267399_053590.jpga0267399_053451.jpg
Epi. cinnabarinum 'After Orange Show'            Lmc. Doug Kennedy
a0267399_133455.jpga0267399_135838.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-01-21 10:00 | 蘭展