花咲か父さん 洋らん栽培 

hanasakato.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 31日

金のなる木の花の咲かせ方

金のなる木が咲かないという話をよく聞きます。軒先に置かれたままになった鉢植えを見掛けることがありますが確かに花が咲いているのを見たことがありません。園芸店で売られている金のなる木にはたくさん花が着いているのですが。
実は、花を咲かせるコツがあるので紹介したいと思います。ネットでもいろいろ紹介されていますが、実際私のやっている方法を載せることにします。

一番大事なのは夏の間一切水を遣らないことです。雨に当てるのも×です。従って夏の間は雨の当たらない軒下に置くのがベストだと思います。ただ、直射日光には当てた方がいいので、日は当たるが雨は当たらないという微妙なポジションが大切になります。
では具体的に水を遣らないのはいつからいつまでなのかが問題になりますが、私は7月下旬から9月下旬の2ヶ月間としています。(梅雨明けからお彼岸までと覚えるようにしています) 「8月の半月」とか「8月のお盆過ぎから10月末まで」というような情報もありますが・・。
この期間水を一切やらないとあのみずみずしく分厚い葉っぱがシワシワのペッタンコになります。枯れてしまったのではと思うくらいですが、全く心配ありません。
下の写真は昨年のお彼岸に撮影したものです。ここまで2か月間一切水遣りしていないのですが、思ったほどシワシワではないですね。真夏にはもっとシワシワ、ペラペラの葉になっていましたが、涼しくなって空気中の湿気を吸収したのか少し回復したようです。
a0267399_2313924.jpga0267399_23133118.jpga0267399_23365293.jpg

秋のお彼岸を過ぎたら水遣りを開始します。そうするとシワシワの葉っぱが見る見るうちにプリプリの葉に戻ります。この時、肥料も遣りたくなりますが、これは遣ってはダメ。以前秋に肥料を遣って極端に花着きが悪くなったことがありました。
直射日光に当て水だけ遣っていると11月下旬に葉っぱの間から花芽が見えるようになります。葉も赤く紅葉してきました。
a0267399_23232574.jpga0267399_23235315.jpg

寒くなって霜に当たると枯れてしまうので、冬の間は玄関に取り込んで置きっぱなしになっています。時折日に当ててやるのに昼間外に出している程度です。普通は1月ごろからポチポチ咲き始めるのですが、今年は寒かったせいか3月になってやっと咲き始めました。
秋に棚から落として茎や花芽が折れてしまったので100%の出来ではありませんが、まずまずといったところです。
a0267399_23401536.jpga0267399_23405781.jpg

花が終わったら、根詰まりしている場合は植え替えます。年中直射日光に当て、肥料は春の間だけあげれば十分です。
草丈1mくらいの大株になってしまったので今年は剪定・植え替えをしてダウンサイジングの予定です。

その後の様子は「金のなる木の花の咲かせ方 その2」に載せてあります。
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-03-31 10:00 | 多肉植物
2013年 03月 30日

Aerangis hildebrandii

エランギス ヒルディブランディー

アフリカ原産の小型種で、花も極小輪の4~5mm程度です。エランギスは白い花を咲かせるものが殆どなのですが、この種だけはオレンジ褐色をしています。夜ジャスミン系のいい香りがします。ただ、今年は香りが弱いようです・・。
13年前蘭会の方から分け株を頂きました。
小型種なので水を好むのかと思い、一時期ミズゴケ・プラ鉢で植えていたこともありましたが、どうも調子よくありません。、2年前思い切ってコルクに着けてみたら調子は上々、脇芽も大きく育ちました。乾き気味を好み、根も空気が好きなのでしょう。あちこちに根が飛び出しています。
a0267399_12414592.jpga0267399_1242463.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-03-30 09:31 | Aerangis
2013年 03月 29日

Dendrobium Yukiakari (moniliforme × Snow Child)

デンドロビウム ユキアカリ

セッコク系の交配種。 Snow Childは丸弁白地にリップ赤目の個体を使用したとのこと。小型で花着きのいいセミアルバタイプの花を期待。
昨年4月にオーキッドバレーミウラさんから実生の小苗を買い、初花が咲きました。リップ奥がワインレッドのいい感じの花が咲いたので、将来の花着き具合が楽しみです。
a0267399_0422932.jpga0267399_0424912.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-03-29 09:27 | Dendrobium
2013年 03月 28日

Dryadella zebrina その2

ドリアデラ ゼブリナ

昨年6/5に1輪だけ咲いているのをアップしましたが、今年は最盛期に撮影できました。
マスデまたはドラキュラのミニVersionといった装いです。名前はゼブラ(シマウマ模様)から来ていると思うのですが、どう見ても豹柄ですね。
ラベルを見ると5年前に国際園芸さんから買っていました。水は多めがいいと思い、ミズゴケでプラ鉢に植えています。クール種ではありますが、性質は割と丈夫で、毎年たくさんの花を冬~春に咲かせてくれます。
a0267399_2315372.jpga0267399_23153688.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-03-28 09:54 | Dryadella
2013年 03月 27日

Dendrobium lindleyi (Q)

デンドロビウム リンドレイ (Q)

aggregatum(アグレガタム)の名で知られていますが、最近はリンドレイと呼ぶようになりました。アグレガタムの方がしっくりきますね。リンドレイって何だっけと考えてしまうこともあります。
このリンドレイ何株か持っているので識別出来るように、個体名の付いていないものは入手した古い順にP、Q、R、S・・・と順に記号を付けることにしました。 (なぜPから始めたかはご想像にお任せします。)
ということでこの個体は我が家では2番目に古い株になります。16年前蘭会の方が上手にいい花を咲かせているのを見てバックバルブを分けてもらいました。
以前リンドレイの'Florida Sunshine'をアップした時にも書きましたが、リンドレイには早咲き(2~3月)と遅咲き(5月ごろ)の2タイプがあり、早咲きは花が小さめで、遅咲きは花が大きめです。本株は早咲きタイプなので花は小さめですが、花着きがよく1花茎に30輪くらい着きます。
栽培ですが、ノビルタイプと同様、秋に寒さに当ててやる必要があります。デンドロの原種の中には長期間寒さに当てないと花芽ができないものもあるのですが、本種は寒さに対する感受性は高いようで11月下旬の霜が降りる直前まで外に出しておけばその後直ぐに温室に取り込んでも花はよく咲きます。長期間寒さに当てると逆に花着きが悪くなるような気がします。以前花着きを良くしてやろうと思い、冬の間ずっと低温室(最低気温5~10℃)に置いていたら春になっても殆ど花が咲きませんでした。
a0267399_0564729.jpga0267399_057824.jpga0267399_0573972.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-03-27 09:51 | Dendrobium
2013年 03月 26日

Cynorkis sp (purpurascens?)

シノルキス sp

Cynorkis purpurascensで流通していたものですが、シノルキスにはよく似た種がたくさんあって、ネットで調べても混乱しているようなのでpurpurascensと特定せず、spとしておきました。
以前Cynorkis purpurascens ’Blumen Insel'で流通していた個体がpurpurascensではなくguttataであると分かったと聞いたことがあったので本種もguttataかとも思ったのですが、リップに斑点がないのでどうも違うような気がするし、よく似た名前のpurpureaにも似ているし、よく分かりません。

栽培の方はというと、毎年秋に芽が出てきて冬~春に咲き、夏地上部が枯れて休眠というサイクルです。毎年秋に山野草の土等で球根(芋)を植え替えて育てているのですが、数輪咲くだけで鳴かず飛ばずの状態が続いています。分けた球根(芋)を差し上げたら上手に栽培されて大株で多数花を咲かせている蘭会の方もいらっしゃいます。栽培方法を伺っても大差ないような気がして何が違うのかよく分かりません。休眠期の間に球根(芋)が消えてしまうことも時々あって、地生蘭は本当に難しい。
a0267399_055818.jpga0267399_060100.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-03-26 10:29 | Cynorkis
2013年 03月 25日

Cattleya intermedia aquinii vinicolor 'Plana' × self

カトレア インターメディア アクイニー ビニカラー 'Plana' × self

久しぶりに洋らんネタに戻ります。
カトレア インターメディアのアクイニーでしかもビニカラー(ワインカラー)という珍しい花のself 実生株です。蘭会の方が例会に持って来られていて「いいなあ」と思い無心して分け株を譲っていただきました。頂いたのが3年前です。
同じこの実生株でもアクイニーにならないものも多いようで、この株は当たりだったのかも。
また、色の方も普通のアクイニーの赤色に比べ濃いワイン色がちゃんと出ています。
a0267399_1940112.jpga0267399_1940322.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-03-25 10:18 | Cattleya & Relatives
2013年 03月 24日

ボリビア(ラパス~ウユニ塩湖)ツアー その5 最終回

この日は楽しかったウユニ塩湖を後に車でラパスまで長駆12時間の旅となる。
朝6:30ホテル出発。5台の四駆に分乗し編隊を組んで一路オルロを目指す。前半は未舗装の悪路。車が砂埃を舞い上げるので車間を100mくらい取って進む。たまたま車間が縮まっていたところを助手席から望遠でパチリ(前を行く1号車、2号車、3号車)。前日まで塩で真っ白になっていた車体は泥で上塗りされひどい状態だ。シャッター速度1/1000秒にするとガタガタ揺れている車内からでも案外上手く撮れたのが嬉しかった。
a0267399_1971727.jpg


アルティプラーノと呼ばれる荒涼とした原野を走る。最初の2時間くらいは町もなくひたすら原野なので途中一度青空トイレの時間が設けられている。その青空トイレ付近の風景がこちら。
a0267399_19462856.jpga0267399_1947378.jpg

途中、リャマやビクーニャにもお目に掛かることができた。
a0267399_19491629.jpga0267399_0525538.jpg

待望のフラミンゴも広い沼地に数羽ではあったが確認できた。最初、魚をついばんでいたり1本足立ちでリラックスしている様子だったが、人気を察したのかそそくさと足早に逃げてしまった。
a0267399_1953828.jpga0267399_19581368.jpg
a0267399_19591029.jpga0267399_19595269.jpg

そうこうしているうちにお昼ごろには中継点オルロの街に到着。街の中にある小高い山の上に何やら大きな像が立っている。信号待ちの時ズームで拡大して撮影してみた。帰国してネットで調べてみても直ぐにはヒットしない。やっと見つけたのだが、それもそのはず、今年2月に竣工したばかりのマリア像だった。マリア像としては南米最大(45.4m)とのこと。目立つはずだ。
a0267399_21425072.jpga0267399_2144741.jpg

ここオルロで迎えに来てくれるバスに乗り換える。3日間お世話になった四駆のドライバーさんとはここでお別れだ。待機していた駐車場に大きな壁画がある。鉱山都市として発展してきただけに鉱夫のイラストが描かれている。
a0267399_2253863.jpg

迎えのバスが遅いので先にレストランで昼食。チキンカツをチョイスしたが巨大な大きさに食べ切れなかった。
a0267399_2295750.jpg

乗り換えたバスでは殆ど寝ていたが、予定通り夕方ラパスに到着。みやげ物屋が並ぶサガルナガ通りでショッピングの後、踊りや音楽でフォルクローレを楽しませてくれるレストランで夕食。着席した場所が悪く、ステージで一緒に踊るよう何度もお誘いがあり、1度はお断りしたものの断り切れず2回もステージで踊ってしまった。標高高いところでのダンスは息が切れまくりだった。
a0267399_22465479.jpga0267399_22475761.jpg

次の日はボリビアでの最終日、お昼過ぎの飛行機でサンタクルス経由でペルーのリマへ。リマでは数時間以上の乗り継ぎ待機時間がある。ロサンジェルス→成田のフライトも偏西風の影響で帰りの方が2時間以上も飛行時間が長い。ドラえもんの「どこでもドア」が欲しかった。

とりあえず、怪我もなく無事楽しく行って来れたのは幸いだ。
お土産はウユニ塩湖の塩、塩チョコレート(白い箱に入ったやつ)、エケコ人形2個、塩製のリャマ・フクロウの置物、ボリビアのワイン。ボリビアの缶ビールも持ち帰る予定だったが、重くなりそうだったので最終日、ホテルで飲んでしまった。
a0267399_23305347.jpga0267399_23311653.jpga0267399_23313570.jpg


このツアーで感じたこと。
①高山病あなどるなかれ。準備と体調管理が大切
②スケジュールに固執しない臨機応変の対応に感謝
③日焼け対策は万全を!顔だけではなく唇や手にも日焼け止めを。マスクは日焼け防止にも効果
④天気と水の量に恵まれてウユニの魅力を満喫。3月上旬はベストシーズン?

このツアーでご一緒した皆様、添乗員の森野さん、本当にお世話になりありがとうございました。
またどこかでお会いできるのを楽しみにしています。
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-03-24 10:15 | 散歩・お出かけ
2013年 03月 23日

ボリビア(ラパス~ウユニ塩湖)ツアー その4

ウユニ2日目
ウユニ塩湖を2日間走り回ったのでさすがに四駆のボディーやガラス面は塩の結晶で真っ白だ。
a0267399_13415753.jpg

朝日を見るツアーにも参加。5:45にホテルを出て四駆で良さげなスポットへ。まだ夜が明けておらずかなり暗い。新月に近い時期だったので上空には夜明け前に東の方向に月が見える。
a0267399_13461067.jpga0267399_13464728.jpg

上空が朝焼けに染まってきたきた。           いよいよ日の出を迎える。 黒く見えるのは積み上げられた塩の山。 水に映って菱形に見える。
a0267399_13275531.jpga0267399_13501526.jpg

反対の西方はほんわかとした光に包まれる。                 斜めからの光でよりはっきり景色が映る。
a0267399_1493699.jpga0267399_1494522.jpg
夜明け前のツアーはかなり寒い。気温は5~10℃くらいだろうか。1日のうちに四季があると言われるくらいで一日の温度差が大きい。
寒さのせいなのかどうか分からないが、ホテルに戻った時から急に手の痺れ(高山病予防薬の副作用)が強くなり、どうなることかと心配したが、しばらくして何とか治まった。

朝食後、塩の工場と列車の墓場を訪れる。
塩の工場は天日乾燥した塩を鉄板の上に載せ下から火を燃やし完全に水分を抜くだけの簡単なもの。工場というより作業場。中は焦げ臭かった。
列車の墓場には古くなった機関車が使われなくなってそのまま放置されている。
a0267399_14252467.jpga0267399_14254138.jpg

天気よくこの日もお昼頃からウユニ塩湖に突入。 この辺りはよく乾いていて亀甲模様がはっきり分かる。遠くに見える小さな島がなんとなく浮いて見える。ズームアップするとこの通り。情報によると浮島現象という蜃気楼らしい。
a0267399_12245926.jpga0267399_1226376.jpg

良さげな場所で今日もピクニックランチ。添乗員さん手作りのちらし寿司がうれしかった!
a0267399_14585126.jpga0267399_14594921.jpg

山から流れ出る水が伏流水となって湧き出ている場所がある。一見温泉ぽいが冷たくしょっぱい。
この場所から山の方に目をやるとなんだかゆらゆら揺れている場所を発見。たまたま四駆も走って来たのでズームを最大にして一緒に撮ってみた。こちらもどうやら蜃気楼のようだ。塩の山が浮いて見える。こんなものまで見れてラッキーだ。
a0267399_15132423.jpga0267399_15171112.jpg

この後も鏡張りのところを探して四駆を走らせる。        
a0267399_13395395.jpga0267399_13403077.jpg

お決まりのUYUNI文字での記念撮影も忘れずに。
a0267399_171994.jpg

一度ホテルに戻った後、水の張っている同じ場所までサンセットツアー。燃えるような印象的な夕焼けだった。
a0267399_1135165.jpga0267399_1142071.jpg

夕食後は星空観察ツアー。 満天の星空とはいかないまでも、はっきり天の川を確認できた。星空の写真撮影に詳しい人に設定をあらかじめ教わってはいたもののなかなか思うような写真が撮れない。たくさん星は光っていたのだが、お安いカメラでは弱い光になかなか反応してくれないようだ。何とかオリオン座と南十字星をカメラに収めることができた。
a0267399_12763.jpga0267399_127314.jpg

旅行で相部屋になった写真に詳しい方がミラーレス一眼で撮った星空がこちら↓。(了解を得て掲載しています) 左の写真で左下に写っているのが南十字星。右の写真は天の川  写っている星の数が全然違いますね。星空を写すのならミラーレス一眼以上のいいカメラが必要なんでしょうね。
a0267399_15134028.jpga0267399_1514999.jpg

ウユニ2日目は日の出から星空観察までイベント盛りだくさんの一日だった。大満足だったが、かなり疲れた。次の日は早朝ウユニを後にし車でひた走りラパスに戻るという12時間の旅が待っている。
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-03-23 13:24 | 散歩・お出かけ
2013年 03月 22日

ボリビア(ラパス~ウユニ塩湖)ツアー その3

ボリビアに着いてから3日目 ついに待望の「天空の鏡」ウユニ塩湖へ!!
a0267399_2383364.jpg



最終目的地ウユニに向けたフライトのためラパスのホテルを朝の4時半出発、エル・アルト空港に向かう。
早朝の飛行機(amazonas航空)に乗り込み1時間ほどでウユニ空港に到着。ここも標高3700mほどあり、富士山の頂上と同じくらいの高さ。
a0267399_20434011.jpga0267399_20435959.jpg

当日はウユニ市内・郊外の観光予定だったが、よく晴れてコンディション良好とのことで急きょ予定変更して待望のウユニ塩湖をまず巡ることに。近くのホテルでランチの準備をしてもらう間、我々はロビーで待機。
ペルーとボリビアでしか飲むことができないコカ茶をいただく。コカの葉をお湯で抽出したものだ。コカの葉には麻薬になる成分が含まれているため国外への持ち出しが厳しく禁止されている。従って、国内で飲むことしかできないらしい。少し青っぽい香味で特に美味しいものではなかった。ただ、高山病にも効果があるといわれていて、少々の風邪なら治ってしまうという。
コカの葉をそのままお湯で抽出して飲む場合と、コカの葉を細かく刻んでティーバッグのようにしてお湯で抽出する場合がある。今回はティーバッグ方式のものa0267399_21213053.jpg

いよいよ四輪駆動車でウユニ塩湖突入! まず目に入ってくるのが塩の山。そこらじゅうにある塩を山のように積み上げて天日乾燥している。なんだか少し茶色っぽい。土が混ざってるんじゃーねーのとツッコミを入れたくなる。
a0267399_21143285.jpga0267399_1592341.jpg

暫く走るとプラヤ ブランカという建物に到着。周りが真っ白で国旗なんぞが立っているもんだから、南極基地を思わせる。
以前はホテル営業していたが今は博物館になっているという。といっても塩の石像が置いてあるだけで、博物館としてはお粗末。まあトイレ休憩所として使われているようだ。
a0267399_21442340.jpga0267399_2145479.jpg

展示してある塩の石像                               お土産も売っている。
a0267399_2355298.jpga0267399_2357443.jpg

さらにしばらく走ると塩の大地の中にぽっかり穴が開いているところに到着。  穴の内壁面をハンマーのようなもので叩くと、大きな塩の結晶が出て来る。長時間掛けて塩の結晶が析出したものだ。ドライバーさんが一所懸命掘り出してくれた大きな塊を記念に持ち帰った。
穴の表面に浮いているのも小さな塩の結晶です。 大きさが分かりやすいようにカメラを置いてみた。
a0267399_092925.jpga0267399_1195853.jpg

ウユニ塩湖の大きさは秋田県と同じくらいと聞いた。行けども行けども白い世界が続く。   
1時間ほど走りやっとインカワシ島(Pescador島)が見えてくる。 島は無数のサボテンで覆われている。上陸してトイレ休憩兼島探索
a0267399_027742.jpga0267399_0362933.jpg

インカワシ島の周りは真っ白な世界                        サボテン以外にも初めて見るトゲトゲのきれいな花が咲いていた。
a0267399_0452297.jpga0267399_0455529.jpg

インカワシ島探索後は四駆のルーフに日除けを渡しその下でピクニックランチ。
a0267399_0533829.jpga0267399_0511422.jpg

お腹もいっぱいになったところで、水の溜まっているところを探してさらに四駆を走らせる。なかなかいいところが見つかったぞ!! 
全員でボルトポーズ(写真が小さく個人の特定は困難と思われるので載せることにしました)
a0267399_1163813.jpga0267399_1205377.jpg

一通り、お決まりのトリック写真をこなす。                    ネッシーならぬウユニーか?
a0267399_127643.jpga0267399_1273092.jpg

プラヤ ブランカまで戻ったところで、綺麗なお姉さんたちがなにやら音楽に合わせて踊っているのを発見。CM撮影?それともプロモーションビデオの撮影?
a0267399_1424227.jpga0267399_1544910.jpg

当日の宿泊はPalacio De Salという塩でできたホテル。エントランスとロビーはこんな感じ。
a0267399_11351760.jpga0267399_11354470.jpg

部屋の天井はエスキモーの家のように塩のブロックが積み重なって出来ている。塩のつららも垂れ下がっている。雨が降ると塩水が浸み出してくるのかなあ? ベッドも塩の塊だった。塩はもろく崩れやすいので耐久性が低いとのこと。ホテルが平屋建てなのは分かる気がする。
a0267399_11423992.jpg

この日、チェックイン後、夕陽を見にも連れて行ってくれた。もう少し水が張ったところなら最高なのだがまあよしとしよう。
a0267399_12595031.jpga0267399_1301233.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-03-22 10:41 | 散歩・お出かけ