<   2014年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 30日

Sarcochilus Cherie その2

サルコキラス チェリー

2003年の東京ドームらん展でTuckers Orchidというオーストラリアの蘭屋さんから買いました。最近この蘭屋さん出店されていませんね。
長い間ミズゴケ・素焼き鉢栽培で、葉がシワシワになりやすかったので、昨年春に思い切って板(梅の木の樹皮)に着けてみました。案外これが調子いいみたいで、どんどん根を伸ばし根が板に食い込んでいます。
花茎は1本だけですが、元気はいいので来年期待です。 NS 2.7cm 2年前咲いた様子は⇒こちら
a0267399_22181386.jpga0267399_22182710.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-04-30 22:24 | Orchids (Others)
2014年 04月 29日

所沢多聞院2014ボタン満開

今日(4/29)またまた多聞院に行って来ました。今月4回目の訪問になりました。
1週間ほど前に咲き始めたボタンがもう満開。ゴールデンウィークとあって見物に来る方も多く、屋台も出ていました。
花を見るにはちょうどいい薄曇りでしたが、14時くらいからポツポツ雨が降り始めたので早々に退散。
a0267399_2223340.jpga0267399_2232036.jpg
a0267399_2252370.jpga0267399_2262557.jpg
a0267399_2272310.jpga0267399_2274654.jpg
a0267399_22155036.jpga0267399_22161767.jpg
a0267399_2219118.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-04-29 22:21 | 散歩・お出かけ
2014年 04月 28日

Masdevallia ignea その3

マスデバリア イグネア

毎年春に咲いてくれます。花芽を着けるコツは冬季に日当たりいい場所で5~10℃の低温に当てることです。クール種なので夏場は冷房装置が必須ですね。
3輪開花で、まだいくつかツボミが上がっているのでこれからも楽しみ。同時に咲いてくれるとなおいいのですが・・。 昨年の様子は⇒こちら

a0267399_225544.jpga0267399_2253025.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-04-28 22:08 | Masdevallia
2014年 04月 28日

Phalaenopsis wilsonii その3

ファレノプシス ウィルソニー

NS3.5cmほどの小輪です。花には甘いいい香りがします。栽培2年過ぎました。買って直ぐ(一昨年)5輪咲きましたが、昨年は2輪、今年も2輪と低迷気味。 
花芽は伸びるのですが先の方のツボミがシケッテしまいます。低温に当てて花芽を分化させる必要があるという変わったファレノなので2月末まで低温室に置き、3月初旬から中温室に移動したのですが、もう少し早めに中温室に移動させた方がよかったのかも。
a0267399_23543623.jpga0267399_23544941.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-04-28 00:02 | Phalaenopsis
2014年 04月 26日

Trichopilia marginata その2

トリコピリア マルギナータ

今年は2輪開花。トリコピリアは春咲きが多いようです。
昨年の写真は不自然なくらい発色が強かったので、今年はちょっと控えめなモードで撮ってみました。
a0267399_21441063.jpga0267399_21442488.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-04-26 21:46 | Trichopilia
2014年 04月 25日

Masdevallia Tuakau Candy その2

マスデバリア ツアカウ キャンディー

昨年は2輪でしたが、今年は数輪咲きそうです。株も一回り大きくなりました。やっと調子を取り戻した感じです。オーソドックスにミズゴケ・プラ鉢植えです。
a0267399_21381977.jpga0267399_2139335.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-04-25 21:49 | Masdevallia
2014年 04月 24日

所沢多聞院2014ぼたんプロローグ

昨年と同じ4月23日に訪問しました。昨年は満開、今年はまだ数輪しか咲いていませんでした。
昨年が早く咲いたので今年が遅く感じられましたが、例年通りとのこと。ゴールデンウィークには満開になることでしょう。300株もある見事なボタンなのでもう一度見に来ようかな・・。
5月1日には寅まつり開催です。
a0267399_23385926.jpga0267399_2341622.jpga0267399_23415576.jpga0267399_23424395.jpg

【おまけ】 こんなカワイイお地蔵様も。
a0267399_23433640.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-04-24 23:48 | 散歩・お出かけ
2014年 04月 23日

Dryadella zebrina その3

ドリアデラ ゼブリナ

昨年と同じくらい咲いてくれました。ということは昨年の写真とあまり変わり映えしないということですね。
強いて違いをあげれば、昨年は太陽光の下、今年は蛍光灯下で撮影ということくらいかな。
まあ開花記録ということで。
【追記】 拡大写真では、花のずい柱の先にマンガのような笑い顔が見えます。アップした後気づきました!
a0267399_2325732.jpga0267399_2332678.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-04-23 23:11 | Dryadella
2014年 04月 22日

Ophrys scolopax

オフリス スコロパクス

昨年春、珍しいものが入荷したというので奥田園芸さんから芋(球根)買いました。
春から夏は紙袋に入れてなるべく涼しい部屋の中で保存。
9月末、山野草の土にミズゴケを混ぜたものを用土として、段ボールの切れ端をプラ鉢の周囲に並べて植え付けました。他の地中海を原産とする地生蘭の植え方と同じです。
寒い時季は最低気温5~10℃の低温室で栽培管理。
秋から冬に葉が出てきましたが、この時期になってしまったのでもう花は咲かないだろうと諦めていました。ところが、最近花茎を伸ばし始め開花に至りました。この類の蘭の中では最遅です。NS1.8cmの小さな花です。花茎がまだ伸長中で、全部で5輪ほど咲きそうです。
珍しい蘭なのかとネット検索したところ思っていた以上たくさんの画像が出てきてビックリ。ヨーロッパの方ではそれほど珍しくないのでしょうね。
一方オフリス スコロパクスのカタカナで検索すると殆ど出てきません。日本ではまだまだ珍しい部類に入るのでしょう。
この花形何と表現すればいいのでしょう? 「卵から生まれたばかりのヒナ」と言っておきます。
a0267399_14453.jpga0267399_151356.jpga0267399_15563.jpg
a0267399_165460.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-04-22 20:00 | Ophrys
2014年 04月 21日

Paphiopedilum esquirolei (P) その3

パフィオペディルム エスクロレイ (P)

13年前から育てています。
葉が数枚出て株が出来上がってから花芽が着くので、うちでは新芽から咲くまで2~3年必要なようです。昨年一昨年と1輪だけの開花でしたが、今年は大株になって久々の3輪。
一度温室内が零下になるアクシデントにもめげず咲いてくれたのには「ガンバッタネ」とお褒めてあげたいです。3輪全部揃って咲くのを待って写真を撮りました。
a0267399_19313470.jpga0267399_19315161.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-04-21 19:37 | Paphiopedilum