<   2014年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2014年 11月 29日

Lepanthopsis acuminata 'Fox Den' その3

レパントプシス アクミナータ 'Fox Den'

何とも極小の花です。2.5cmほどの花房に一列に15輪ほど並んでいます。花茎の両側に花を咲かせるので全部で30輪ほどあります。NSは1.5mm~2mm弱といったところでしょうか。
過去2回アップ(2012年6月24日2013年1月19日)していますが、その時はコンデジで撮ったのであまりうまく写りませんでした。今回はミラーレスにマクロレンズを装着。最短距離まで近寄って撮ったら前よりは良くなりました。
南米の比較的高地に自生しているらしいので、夏はアミールに入れています。
2011年東京ドームでJ&L Orchidさんから買った時はヘゴに着いていました。これでは絶対水切れさせてしまうと思ったので直ぐにプラ鉢にミズゴケで植え直し。それ以降毎年プラ鉢・ミズゴケの組み合わせで植え替えていましたが、今年9月試しにプラ鉢に洋ランソイルで植え替えてみました。(表面には乾燥を防ぐため薄くミズゴケを敷いています。)
マスデやドラキュラは洋ランソイルとの相性が今一のような気がし始めていますが、本種は大丈夫のようです。もう少し洋ランソイルで様子を見ようと思っています。
a0267399_2238164.jpga0267399_22383133.jpga0267399_22384318.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-11-29 22:42 | Orchids (Others)
2014年 11月 17日

Restrepia guttulata (big) その2

レストレピア グッチュラータ

ラテン語でguttulaとは「小滴」を意味するとのことです。花の一面に入る粒模様に由来していると思われます。
南米の高所に自生しているので夏場はアミール栽培です。
guttulataにはいろいろ変種があるようで、本個体はbigとなっているだけに一般的なレストレピアに比べるとずっと大きく草丈は20cmを越えます。花も大きいです。
花期は春から秋とのことですが、夏は暑くて咲きません。春と秋に咲くことが多いです。
昨年春の開花は⇒こちら
花が「く」の字に曲がっているので、花を正面から撮ると花の縦が短く写ってしまいます。横顔の方が花の全体像を把握しやすいです。
a0267399_0134655.jpga0267399_013025.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-11-17 00:05 | Restrepia
2014年 11月 16日

Polyxena ensifolia その2

ポリキセナ エンシフォリア

冬型の球根植物なので、今年9月末植え替えたところ、昨年に比べ球根がかなり大きくなっていることに気づきました。
期待通り今年は昨年より多くの花が咲いてくれました(^_^)/
この調子で少しずつ大きく育ててボール状の花束のように咲かせたいなぁ。
現在の用土は、ホームセンターの山野草の土に硬質赤玉小粒とアイリスオーヤマのゴールデン粒状培養土(花・野菜用)を混ぜたもの。
冬の間は最低気温5℃くらいの低温室で育てます。
a0267399_2223992.jpga0267399_2231466.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-11-16 00:03 | その他の植物
2014年 11月 15日

Cattleya Orglade's Winter Clown 'Miracle'

カトレア オーグレーズ ウィンター クラウン 'Miracle'

ちょうど5年前の2009年11月、蘭会の旅行で国際園芸さんを訪問した時に購入しました。
過去に何回か咲いたことはありますが、ブログにアップするのは今回が初めて。
普通のセミアルバはリップの外側までは赤くないですが、この花はリップの内外両面きれいに赤紫に染まっていてペタルとのコントラストが鮮やかです。セミアルバでこんな花は珍しいのではないでしょうか。
この花を形容するなら真っ先に「セクシー」という言葉が頭に浮かびます。
育てている蘭の殆どが原種なのですが、数少ない交配種の中でお気に入りの一品です。
交配種ながら花命はあまり長くないようです。
a0267399_22554771.jpga0267399_22561042.jpga0267399_22562587.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-11-15 00:05 | Cattleya & Relatives
2014年 11月 14日

Epidendrum capricornu その2

エピデンドラム カプリコルヌ

エクアドル・ペルーの高所に自生します。よって夏場はアミール栽培です。アミールに入れていた間も花はぼつぼつ咲いていたのですが、光が弱かったと見えてひ弱で色も薄かったです。
秋になってアミールから出し、日によく当てると元気な色の濃い花が咲きました。
ネットで調べたら色の薄いものから濃いものまでいろいろ出ていました。本個体は割と濃い方だと思っています。
昨年の開花状況は⇒こちら
【追記】蘭友さんに話を伺ったところ、ペルー産のものは暑さに強いのだそうです。確かにペルー産だという個体は普通に栽培していても元気に育って花が咲いていました。
この個体はエクアジェネラさんから買ったものなので多分エクアドル産だと思います。
a0267399_2374788.jpga0267399_238618.jpga0267399_2382257.jpga0267399_2383739.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-11-14 00:05 | Epidendrum
2014年 11月 13日

Cycnoches cooperi

シクノチェス クーペリ

今年の東京ドーム最終日エクアドルのMundi floraさんから投げ売り状態でお安く買った記憶があります。
最初小さなバルブが出来ましたが、その後別の新芽が伸びてバルブを形成し開花に至りました。とはいえ、まだまだバルブは小さいので本来の力を発揮していません。これからもっともっと大きくなればいいなあ。
栽培はカタセタム・シクノチェス栽培の常道に従い、春から夏に置き肥(おまかせ)を大量にやって肥培しました。
自前の秋の洋蘭展に出品するため持参したら、途中で落としてしまいずい柱先の花粉塊が取れてあっという間にいくつかの花が萎れてしまいました。よくあるアクシデントです。
蘭展終わってもまだ見れそうな花もあったので写真撮りました。
a0267399_0394569.jpga0267399_0401741.jpga0267399_0403415.jpg
a0267399_0405116.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-11-13 00:44 | Cycnoches
2014年 11月 11日

こんにゃく栽培 その5 芋が4つに分球

今年の春にコンニャクの花が咲きました。コンニャクは花が咲くと枯れるというウワサを聞きましたが、新芽が出そうだったので試しにそのまま大鉢に植えてみることに。
こちらは花が終わった時の状態
a0267399_19204563.jpg

植えたのが5月13日
植え付け前                                       植え付け後
a0267399_19211177.jpga0267399_19212889.jpg

いくつか芽が出てきました(7月3日)。その後、夏の間5本ほどの茎が伸び大きく葉を広げました。ウワサはどうも間違っているようです。枯れることはありません。
葉が茂っているところも写真撮っておけばよかったなあ。
a0267399_1923552.jpg

10月には葉が枯れたので水を遣らずに放置。昨日掘り上げてみたところ、大きなコンニャク芋から4つの芋に分球していました。
最も大きなのが600g、4つ合わせて960g。4つ合わせて5月に植え付けたコンニャク芋とほぼ同じ重さ。
a0267399_1924141.jpg今回掘り上げた中で一番デカイいのは大きな芽が2つ着いていて、なんだか花芽の予感。来年花が咲くかどうか楽しみ!
冬の間は新聞紙に包んで室内に保管します。
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-11-11 19:33 | その他の植物
2014年 11月 09日

2014年10月末富士山 新幹線車窓から

10月末に実家に帰る時、下り新幹線車窓から撮りました。
寒くなって乾燥してきたせいか新幹線からも富士山が見えるようになりました。ちょうど快晴だったので山頂まで望めます。少し冠雪があります。
絶好の撮影ポイントと思っていた富士川でも撮りましたが、下り車線では鉄橋が写ってしまい、いい写真が撮れません。富士川の手前(東京寄り)の開けた場所からの一枚を載せました。数秒が勝負なので難しい。
a0267399_0585549.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-11-09 01:02 | 散歩・お出かけ
2014年 11月 05日

2014年8月~10月 西洋芝の状況

8月になると西洋芝の姿は消え夏型雑草(メヒシバ等)で覆われるようになりました。それでも構わず芝刈り(雑草刈り?)を続けることに。
緑に見える部分の殆どは雑草です。
2014/8/9                            2014/8/17
a0267399_0334458.jpga0267399_034023.jpg

2014/8/23                           2014/8/30
a0267399_0345257.jpga0267399_035995.jpg

9月も状況は8月と変わらず。雑草で覆われています。西洋芝はどこへ?
2014/9/13                           2014/9/21
a0267399_0352650.jpga0267399_0354163.jpg

10月中旬になると夏型雑草の勢いも衰え、むき出しの部分が増えました。
本来なら、ここで西洋芝の種蒔きの時期ですが、今年はそのまま放置してどのくらい西洋芝が回復するか様子を見ることに。
2014/10/1                           2014/10/11
a0267399_036674.jpga0267399_0361830.jpg

ところが10月20日過ぎにモグラが庭(芝生)で大暴れ。モグラ塚やら盛り上がったトンネルやらが出来てしまい、始末に負えない状況に。
2014/10/21
a0267399_037681.jpg

モグラ忌避剤「モグラ侵入禁止」を地中に埋めましたが即効性は期待できず、11月初旬の現在までモグラの地中運動会は収まっていません。
トンネルやモグラ塚は踏んづけたり、穴に水を流し込んでいますが、どうなることやら・・。
今後の状況はまた3ヶ月ほど経ってからアップしたいと思います。
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-11-05 09:31 | その他の植物
2014年 11月 04日

Eria rhynchostyloides その2

エリア リンコスティロイデス

2年前田口洋蘭園さんで買ったものです。昨年秋も咲きましたが写真撮り忘れたので2年振りの登場です。
長卵型のバルブ頂部にしっかりした硬い葉が4枚ほど着きます。
生育旺盛で今年の春に6号鉢に鉢増ししましたがもう窮屈なくらいです。ミズゴケ・素焼き鉢で栽培しています。
毎年秋に咲きます。2年前の様子は⇒こちら
花穂をキチンと写すために邪魔な葉を2~3枚葉を切ってから撮りました。
a0267399_19565446.jpga0267399_19571367.jpga0267399_19573149.jpga0267399_19574493.jpga0267399_19575574.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-11-04 20:02 | Eria