<   2016年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2016年 06月 29日

Angraecum didieri

アングレカム ディディエリ

アングレカム属の中では普及種で多くの蘭屋さんで目にします。ただ、うちではなかなか長期栽培が難しく、2~3回花を見ると枯れてしまうというサイクルを繰り返しています。
この悪循環を断ち切るべく、昨年末にミズゴケ・素焼き鉢植えからヘゴ棒着けにしてみました。(ネットで見るとコルクや板に着けてうまく咲いている写真を目にするので。)
今回花も咲いてくれたし、根がヘゴに食い込んでいるところを見ると調子はいいのかも。
あとどれだけ持ちこたえてくれるか、おなぐさみ。
a0267399_12212.jpga0267399_122493.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2016-06-29 01:05 | Orchids (Others)
2016年 06月 28日

Miltoniopsis phalaenopsis

ミルトニオプシス ファレノプシス

以前はMiltonia phalaenopsisとかOdontoglossum phalaenopsisとか呼ばれていたこともあります。
今年の東京ドームでワカヤマオーキッドさんから購入しました。
リップの紋様が滝の流れ・飛沫に似ていることで有名な種です。
ブラ鉢にバーク植えです。
コロンビア中央部、比較的高地の雲霧林(常春のようなところ)に自生しているので夏場暑がると思います。今年の夏はアミール栽培ですね。
a0267399_054199.jpga0267399_055516.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2016-06-28 00:56 | Orchids (Others)
2016年 06月 23日

Dendrobium (Den.) linguella その2

デンドロビウム リングエラ

3年振りのブログ登場です。実は5月に咲いていたのですが、アップが遅くなってしまいました。
3年前の記事はこちら
ラベルを見ると、昨年も同じ時季に細々と咲いていたようですが、あまりにショボイので載せなかったのだと思います。
今年はまずまずの出来でした。まさに鈴生りの状態で咲きます。
東南アジアの低地に自生しているため秋口の低温処理が必要ないタイプです。
3年前は株全体の様子を写さなかったので今年は全体像も撮りました。
a0267399_11657100.jpga0267399_1171393.jpga0267399_1172765.jpg

[PR]

by hanasaka-tohsan | 2016-06-23 01:21 | Dendrobium
2016年 06月 18日

Cynorkis gibbosa

シノルキス ギボーサ

マダガスカルに自生する地生蘭。
この種のように球根を形成する地生蘭は栽培が難しく、数年前は咲いていたのですが、ジリ貧になり枯れてしまいました。
もう一度挑戦したくて、昨年秋に蘭会の方から球根を頂き、山野草の土と赤玉土を混ぜた用土で植え付けました。頂いた球根が大きかったおかげで花が咲きました。今回ブログ初登場です。
球根を頂いた方の話によると、結構日当りのいいところに置いているとのこと。直射では日焼けが怖いので50%遮光くらいのところに置いて育てています。球根が大きく育つといいなあ。
a0267399_245695.jpga0267399_251125.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2016-06-18 02:09 | Cynorkis
2016年 06月 15日

Polyradicion lindenii 咲きました!!

ポリラディション リンデニー

以前はPolyrrhiza lindenii とかDendrophylax lindeniiと呼ばれていました。
フロリダから西インド諸島、キューバに自生している無葉蘭です。
その花の形から幽霊蘭(Ghost Orchid)とか、カエル蘭(Frog Orchid)とか呼ばれたりもします。

この種はずっと前(20年くらい前?)に苗を買って育てていたことがありましたが枯れてしまいました。
それ以来ずっと気になっていたのですが、2011年にワカヤマオーキッドさんが販売しているのを見つけ即刻購入しました。ワカヤマオーキッドさんのラベル以外にH&Rナーセリーさんのラベルも一緒に入っていたので、H&Rさんから仕入れたのだと思います。
買った時既に鉢底網を丸く筒状にしてそれに着生させる形になっていました。
気をつけながら栽培してきたつもりでしたが、一時生長点がシケたようになって、もうダメかと思っていましたが、何とか復活してくれました!
2LのPETボトルの底を切って株全体に被せ湿気を保つようにしたのが良かったのかもしれません。春になって花芽が伸びてきました。花芽が伸びてPETボトルの壁にぶつかりそうになる度にPETボトルを継ぎ足しました。
一般的な花容はリップの先が2つに分かれ、それが長く伸びるため幽霊に見えたり、蛙の足に見えたするらしいのですが、本個体はリップの先が鎌状(ブーメラン状)に曲がるだけで長く伸びないので今一それらしい風情を感じられないのが残念です。
そうは言っても、昔から一度は咲かせてみたいと夢見ていた蘭の一つだったので、30年蘭栽培を続けて初めて咲いてくれたこの蘭に感動と感謝です。
a0267399_22101340.jpga0267399_22105061.jpga0267399_22111464.jpg

a0267399_2216265.jpga0267399_22164269.jpga0267399_22165985.jpg

a0267399_22172684.jpga0267399_22175560.jpga0267399_22182155.jpg

[PR]

by hanasaka-tohsan | 2016-06-15 22:29 | Orchids (Others)