2016年 03月 24日

Pleione 交配種

今年の東京ドームで蘭会の栽培教室用苗として購入したものです。
3月頭に山野草の土とミズゴケを混ぜた用土で植え付けたら直ぐに花芽が伸びてきて開花しました。
購入時、タイリントキソウと書いてあったのでてっきりPleione formosanaだと思っていたのですが、咲いてみたら全く違っていたのでビックリ。購入したお店に問い合わせたところ、交配種だとの答え。品種名は分からないとのことでした。
formosanaよりずっと色濃くてなかなかキレイ花なのでこれはこれで満足なのですが、名前が分からないのが辛いところです。
いろいろネットで調べてみると、日本でよく出回っていてこの花によく似ているものとしてPleione Stromboliがヒットしました。
もしかしたらPleione Stromboliなのかも・・・。
a0267399_0283159.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-03-24 00:35 | Orchids (Others)
2016年 03月 23日

Dendrobium (Den.) aphyllum 'Hadano Pink' その4

デンドロビウム アフィラム 'Hadano Pink'

9バルブに120輪以上咲き、これまで栽培してきた中で最高の出来だったので、写真に収めました。。
葉が落ちてから開花するので葉に邪魔されず、ソメイヨシノのように枯れ木に花が咲いたようで見栄えがします。
そういえば、先日(3/21)東京ではソメイヨシノの開花宣言が出されましたが、うちの桜色に彩られたアフィラムは一足先に満開を迎えました。
この'Hadano Pink'という個体と'Peach Cascade'という個体とてもよく似ていて区別が難しいですが、うちにあるもので比較すると、この'Hadano Pink'は、写真で分かるように、ペタルの縁がやや白く抜けるのに対し、'Peach Cascade'の方はペタル全体がピンク色をしているようです。微妙な違いではありますが・・。
a0267399_2151088.jpga0267399_217024.jpg
a0267399_2125836.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-03-23 02:13 | Dendrobium
2016年 03月 16日

Dryadella zebrina その4

ドリアデラ ゼブリナ

2年振りの登場です。2年前の様子は⇒こちら
小輪ですがたくさん花が咲きました。昨年秋に植え替えたのが良かったのかも。
植えてあるのは2号プラ鉢ですので、花・株の大きさがおよそ分かると思います。
水を好むため、ミズゴケ・プラ鉢栽培です。夏場はアミールに入れています。
a0267399_2376100.jpga0267399_2372451.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-03-16 02:50 | Orchids (Others)
2016年 03月 13日

Bulbophyllum umbellatum

バルボフィラム ウンベラタム

ラベルを見ると、20年前愛知の川口洋蘭園さんから買っていました。長いお付き合いになりました。
購入した時は素焼き鉢に植えてありましたが、水を好むと思い、プラ鉢に植え替えて、その後ずっとプラ鉢栽培です。
このumbellatum、英語のumbrellaアンブレラ(傘)に関係した名前のようで、確かに傘のように広がって咲いています。ただ、破れ傘といったイメージではあります。
a0267399_2251984.jpga0267399_2254284.jpga0267399_225567.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-03-13 02:31 | Bulb. & Cirr.
2016年 03月 12日

Clowesia warczewitzii

クロウェシア ワーセウィッチー

ラベルを見ると20年近く前の1997年に白石洋蘭園さんから買っていました。最近蘭屋さんでもあまり売られていないような気がします。
ラベルではwarscewicziiとなっていますが、現在はwarczewitziiが正しいようです。
うちではよく育ってくれるClowesia Grace Dunnの親であるこのwarczewitziiは思ったようにバルブが育たず、2011年に咲いたのを最後に鳴かず飛ばずでした。20年近く栽培しているのにまだ、2.5号素焼き鉢に植わっています。やはり、交配種より原種の方が栽培が難しいということでしょうか。
なぜ5年振りに咲いたのか分かりませんが、久しぶりの開花、感慨深いものがあります!
リップの奥が赤褐色なので病気が入ったの?と心配しましたが、もともとこんな色をしているようです。花にはショウガのような強い香りがあります。
カタセタム、シクノチェス、クロウェシアの類はプラ鉢栽培がいいようなので、今年はプラ鉢に植え替えてみようと思っています。
a0267399_1285199.jpga0267399_129736.jpga0267399_1292476.jpga0267399_1295597.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-03-12 01:37 | Orchids (Others)
2016年 03月 08日

Orchis Bornemanii ?

蘭会の方から昨年秋に球根(芋)を頂き、直ぐに植え付けて育ててきました。うちでは初花です。
ラベルにあるOrchis Bornemanii という品種をRHSで調べてみましたが登録ありませんでした。
似たような名前ではbornemanni、bornemanniae、bornemannianaが出てきました。3種いずれも自然交雑種とのこと。一番ラベルに近いのはbornemanniなのでそうかなとも思いますが、はっきりしません。
花容を見るとOrchis (Anacamptis) papilionaceaとOrchis (Anacamptis) morioの交配(交雑)種ではないかと思われるような花です。ただ、Anacamptis papilionaceaとAnacamptis morioの交配を調べるとx orientecaucasiaという別の名前が出てきます。何だかよく分からなくなってきました。
面白いことにこの個体’Moon Princess'という個体名まで付いています。
a0267399_0473228.jpga0267399_0475091.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-03-08 00:54 | Orchids (Others)
2016年 03月 07日

Dendrobium (Den.) dickasonii

デンドロビウム ディッカソニー

2月中旬に咲いていたのですが、アップが遅れました。
昨年秋に奥田園芸さんから花芽が着いていた小苗を購入しました。稀少原種のセルフ苗だそうです。
下を向いて咲くので写真が撮り辛く、ビニタイで花を少し上に向けて撮影しました。
株の大きさに比べ花はとても大きくNS6cm近く。
花や草姿がlamyaiaeやunicumに似ていますが、花は見比べる違いが分かります。
あまり期待はしていなかったのですが、濃いオレンジ色のキレイな花でした。リップの脈もいい感じ。
この類のデンドロは栽培が案外難しくジリ貧で消えてしまうことが多いですね。lamyaiaeは鉢植えではうまく育たないと聞いたことがあります。
本種はミズゴケ・プラ鉢で植えてあり、今後どうするか悩みどころではありますが、もう少しこのままで様子をみようと思います。
a0267399_2265266.jpg
a0267399_227163.jpga0267399_2274888.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-03-07 22:12 | Dendrobium
2016年 02月 27日

Dendrobium (Den.) polyanthum (primulinum) super-giganteum type × vietnam type その2

デンドロビウム ポリアンサム (プリムリナム)

オーキッドバレーミウラさんから小苗を購入して4年半になります。
2年前に初花が咲いた時は1輪のみでした。昨年は2輪と寂しい状態が続いていましたが、今年は少し増えました。
ポリアンサムにはバルブが長く伸び、バルブの上から下までぎっしり咲く花着きのいい個体もありますが、本株はバルブはそれほど長くならず、花着きも今一です。長所を挙げれば花形がいいところでしょうか。
なお、長年洋らん栽培をしている者にとって、このリップが黄色になるタイプがポリアンサムで、リップがベージュ色のタイプがプリムリナムというイメージがあるのですが、どちらもポリアンサムに統一されたようです。
a0267399_0595890.jpga0267399_10134.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-02-27 01:05 | Dendrobium
2016年 02月 26日

Restrepia brachypus その4

レストレピア ブラキパス

南米の高地に産するクール種、ストライプ模様が印象的です。
レストレピアはクール種の中では強健な方ですが、このブラキパスはそのレストレピアの中でも強い方だと思います。
2014年6月、ミズゴケ・プラ鉢から洋ランソイル・プラ鉢に植え替え、昨年秋には洋ランソイルにミズゴケを混ぜたもので植え替えました。
クール種の中には洋ランソイルでうまく育たないものが結構あります。(特にマスデバリアはうまく育ちませんでした。)
しかし、この種は順調に育ってくれて、2013年にエクアジェネラさんから購入して以来最もよく花が咲きました。
a0267399_2371166.jpga0267399_2372730.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-02-26 00:05 | Restrepia
2016年 02月 25日

Pleione grandiflora

プレイオネ グランディフローラ

今年の東京ドームで北軽さんから購入しました。購入時はつぼみだったのですが間もなく開花。
何といってもビックリしたのがバルブの大きさです。直径が4.6cmもある今まで見たこともないほど大きなバルブだったので、どんな花か知りませんでしたが、思わず購入。
後で知ったのですが、このgrandifloraはもともとバルブが大きくなる性質があるらしい。ただ、北軽さんのような環境のいいところで育つとここまで大きくなるのだと思います。夏場は暑がるタイプですから。
うちのような関東の平野部ではここまで育つのは無理。ジリ貧必至なので、枯れないうちに開花記録写真を撮ることに。
1バルブに2花茎出て3輪咲きました。花径は11cm近くあり、グランディフローラの名に恥じないものがあります。
a0267399_212036.jpga0267399_2122066.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-02-25 16:51 | Pleione
2016年 02月 24日

Dendrobium (Den.) polyanthum (primulinum) giganteum 'Suruga' その2

デンドロビウム ポリアンサム (プリムリナム) ギガンテウム 'Suruga'

以前はプリムリナムと呼ばれ親しまれていたのですが、正式にはポリアンサムになったようです。(プリムリナムはシノニム)
毎年冬の間ずっと低温室(5~10℃)に置いておくと大体3月下旬から4月に花が咲いていました。
今年は1月下旬に中温室に移動して開花を促進したら、2月下旬に咲きました。
今年は花着きがよく豪華です。冬の間出来る限り水を遣らないよう我慢するのがいいみたいです。
この種はペタル・セパルが後ろにそっくり返ってしまうものが多いのですが、その中でもこの個体'Suruga'はそれがなく、整った形で咲きます。
香りもなかなかです。そういえば、以前のドームらん展で資生堂がこの花の香りをモチーフにした香水を販売してましたっけ。
a0267399_2221217.jpga0267399_22214218.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-02-24 22:24
2016年 02月 22日

Bulbophyllum (Bulb.) laxiflorum majus その3

バルボフィラム ラキシフローラム マジャス

ほふく茎が伸びて、鉢からはみだしてしまい、鉢栽培だと始末に負えなくなってきたので、昨年10月2株に分けてヘゴ棒に着けました。その内の一つに咲いたのがこれです。株分け・植え替えのダメージがあってか、花茎は少なめの4花茎。
線香花火のように弾けた小花が印象的。鉢栽培よりこちらの方が風情があっていいかも!
また、ヘゴに着ける栽培法だと植え替えの手間が省けるので楽です。今後の生長も楽しみ(^.^)
2年前の様子は⇒こちら
3年前の様子は⇒こちら

a0267399_232323.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-02-22 02:06 | Bulb. & Cirr.
2016年 02月 18日

Bulbophyllum (Bulb.) lindleyanum 'Seijikun' その3

バルボフィラム リンドレヤナム 'Seijikun'

1ヶ月近く前に咲いていたのですが、アップが遅れてしまいました。
栽培年数と共に、少しずつ花茎や輪数や増えてきました(^.^) 花房も伸びて今までで最もよく咲きました。
1年前が⇒こちら
3年前が⇒こちら
a0267399_1003414.jpga0267399_1005827.jpga0267399_1011152.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-02-18 10:07
2016年 02月 05日

Bulbophyllum medusae fma. album 'K&T'

バルボフィラム メデューサエ 'K&T'

2008年蘭会の方から苗を頂き、ミズゴケ素焼き鉢植えで栽培していました。ほふく茎が伸びて始末に負えなくなったので、2014年夏にコルクにミズゴケを乗せて植え替えました。1年ほどしてみずごけが劣化してきたので昨年夏にミズゴケを取り替えました。鉢栽培に比べ管理が楽なので、ほふく茎が伸びる種はコルク・ヘゴ着け栽培が多くなりました。
一般的にバルボの根は細く水を好むので、コルクよりも水持ちのいいヘゴに着けた方が良かったかなと最近思い始めています。
本個体は白花(アルバム)ですが、中には紫褐色の細かな斑点が入る個体もあります。斑点が汚れたように見えることもあるので、個人的にはこの白花の方が好きです。
本種の難点は花命が短いこと。せいぜい4~5日程度で萎れてしまいます。
a0267399_044319.jpga0267399_0442075.jpga0267399_0443158.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-02-05 00:47
2016年 02月 04日

Clowesia Grace Dunn 'Chadds Ford' その4

クロウェシア グレースダン 'Chadds Ford'

昨年もちょうどこの時期にアップしましたが、今年は3バルブから13花茎出て昨年よりも豪華に咲いたのでアップすることにしました。今までの中では最高の出来かもしれません。
以前、この種はプラ鉢栽培の方が生育がいいと書いたことがありますが、この大株は素焼き鉢のまま育てています。大株になると、素焼き鉢でも水持ちがいいためか、問題ないようです。
なお、この種は初冬に花芽が出てくるのですが、鉢の淵に花芽が当たり伸びが止まってしまうことが多いので、花芽が出て来たら一度鉢から抜いて、高植えに植え直すとスムーズに花芽が伸びてきます。この株もそうしています。
a0267399_14172218.jpga0267399_14181833.jpga0267399_14174756.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2016-02-04 14:21 | Orchids (Others)