2015年 11月 05日

Aerangis rhodosticta その2

エランギス ロドスティクタ

今年の東京ドームでくろやなぎ農園さんから買ったものです。ミズゴケ・素焼き鉢植えです。
この種、割とよく見かけるけれど育てるのが難しい。3年前にアップした株はとうの昔に★になりました。
今まで何株も買って、全て★となっている強敵(別に戦っているわけではないけど・・)。
この株もどれだけ持つか自信がありませんが、自分のロドスティクタ史上最高の花着きになりました。(2花茎15輪)。でも何が良くて、何が悪かったかも分からない始末。
高湿度を好み、クールオーキッドの扱い。新しいコンポストを好む。といったくらいの情報しか持ち合わせておりません。栽培のアドバイスお願いしたいです。
a0267399_064245.jpga0267399_071182.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2015-11-05 00:08 | Aerangis
2015年 11月 03日

Cattleya perrinii fma. coerulea

カトレア ペリニー fma. セルレア

昨年春に蘭友さんから頂いた株がうちで初めて咲きました。
以前はレリア属に分類されていましたが、現在はカトレア属に移行されています。
ペリニーは秋咲きの代表選手ですが、花命が短いためか、蘭会例会や蘭展などの公の場ではあまり見かけません。栽培している人が少ないのかもしれません。
また、花弁にちょっと触るだけでもキズが付きやすく、ちゃんとした状態での花を見るのが難しいとの声も聞きます。今回、花弁に触らないように気をつけて咲かせたので、しっかりした花を見ることができました。
ずっと前栽培していたことがありましたが、手放してしまい、久しぶりの開花です。
王道カトレアのふくよかさはありませんが、楚々とした原種の趣が好きです。
来年は1茎に2輪くらい咲かせたいです。
a0267399_22555042.jpga0267399_2256696.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2015-11-03 22:59 | Cattleya & Relatives
2015年 10月 23日

Bulbophyllum blepharistes

バルボフィラム ブレファリステス

ラベルを見ると3年前に春ひなオーキッドさんから購入していました。
昨年初花が咲いたのですが、撮影タイミングを逃し、今回初めてのアップです。花期は秋のようです。
長いほふく茎を伸ばすので鉢植えには向いていません。購入した時からヘゴ着けになっていました。まん丸バルブの上にウサギの耳のような分厚い葉っぱが2枚着きます。
同時に何輪も咲くことは殆どなく、1~2輪ずつ咲いて、終わると次が咲くというパターンで長期に開花が続きます。今回たまたま4輪同時に咲いていたのでチャンスと思い撮影しました。
個々の花は小さくNS 1cm×4cmくらいです。
a0267399_071789.jpga0267399_075771.jpga0267399_081085.jpga0267399_08246.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2015-10-23 00:12 | Bulb. & Cirr.
2015年 10月 22日

Spiranthes cernua

スピランテス セルヌア

北米産で日本のネジバナに近縁、和名は白花秋咲き大輪ネジバナというそうです。(別名アメリカネジバナ、アメリカモジズリ)
昨年末に「高尾の狸」さんから頂いたものです。高尾の狸さん、ありがとうございました。
頂いた時はほぼ休眠中で地上には小さな葉がちょこっと残っている程度でした。冬の間は低温室(最低気温5℃くらい)に置き、たまに水やりしていました。
春~夏に生長し、今開花しました。3株ありましたが2株は病気が入ってしまったので抜き取り、1株だけの開花となりました。
花茎は約40cmと日本のネジバナより長いです。1輪のNSは5mm程度と極小輪。
ネジバナは群生させると見栄えがするので、少しずつ殖やしていければと思います。
a0267399_153752.jpga0267399_155363.jpga0267399_161180.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2015-10-22 01:11 | Orchids (Others)
2015年 10月 19日

Clowesia Grace Dunn 'Chadds Ford' プラ鉢・素焼き鉢による生育の違い

クロウェシア グレースダン 'Chadds Ford'

この品種を今年の春に植え替える際、ミズゴケ・プラ鉢植えとミズゴケ・素焼き鉢植えの2パタンで生育の違いを見てみることにしました。
これまではミズゴケ・素焼き鉢植えでの栽培ばかりで、プラ鉢栽培はやったことがなかったのですが、近縁種のシクノチェスはプラ鉢植えの方が、生育がいいような気がしていたので、今年この品種でもどうなのか確かめようと思った次第です。
どちらも2号鉢で全く同じように育てました。同じ場所で管理し、夏場は肥料と水をどちらにも十分に遣りました。
結果は下の写真の通り。左が素焼き鉢植え、右がプラ鉢植え
a0267399_126156.jpga0267399_1264082.jpg
ご覧のように、プラ鉢植えの方が圧倒的に大きく育っています。こんなに違いが出るとは!!
プラ鉢植えのバルブは最大直径約4.5cm、高さ8cm、バックバルブの何倍もの大きさにも育っています。一方素焼き鉢のバルブは最大直径約2.5cm、高さ4.5cmで、バックバルブとほぼ同じ大きさです。最終的にもう少し太るとしてもバックバルブより少し大きくなる程度だと思います。
Clowesia Grace Dunnにはもう一つ'Beaver Valley'という個体もあり持っているので、こちらも同様のテストをしたのですが、やはりプラ鉢植えの方が、生育がよかったです。(今回写真はありません)
生育に違いが出る理由としては、夏場に養分をたくさん吸収する種類なので、夏場にコンポストが少し湿っていた方が養分を吸収しやすかったのではないかと考えています。
もしかしたら、素焼き鉢でも水をジャンジャンやるといいのかも・・・。
今回の結果を基に来年からはプラ鉢に切り替えようかなと思っています。
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2015-10-19 01:32 | Orchids (Others)
2015年 10月 12日

Habenaria erichmichelii その3

ハベナリア エリクミケリー

昨年から植え替えないでそのまま放置していたら、いつの間にか新芽が出ていました。根が傷むのが怖く、植え替えせずにそのまま栽培しています。分球したようで今年は2芽出て来ました。
昨年よりは状態がいいようですが、来年は鹿沼土主体の用土に植え替えようと思っています。
a0267399_2285735.jpga0267399_2293026.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2015-10-12 02:31 | Habenaria
2015年 10月 07日

Cycnoches cooperi その2

シクノチェス クーペリ

このクーペリ、昨年秋にアップしてから約1年振り2回目の投稿です。
昨年は購入して1年未満で咲いたので十分ではありませんでしたが、今年はバルブも少し大きくなり、かなり見応えがあります。
購入した時のバルブはもっともっと大きいので、そのくらいまで育つと立派な花房を見せてくれるのではと期待しています。
栽培に関しては、今年3月にミズゴケ・素焼き鉢植え⇒ミズゴケ・プラ鉢植えに植え替えました。
シクノチェスは夏の成長期に大量の肥料や水を吸収するので、この方がいいかなと思ってのことですが、確かに成長は良かったように思います。
a0267399_231858100.jpga0267399_23191859.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2015-10-07 23:22 | Cycnoches
2015年 09月 23日

Chaubardiella dalessandroi (Q) その2

チャウバーディエラ ダレッサンドロイ

2年振りの開花になります。
昨年春にミズゴケから洋ランソイルに植え替えました。ミズゴケだと植え替えの時に根を傷つけてしまいそうというのが理由です。
コンポストが変わったことで生育が一時衰え、昨年は咲きませんでしたが、やっと洋ランソイルにも馴染んできたと見えて、今年2年振りに咲いてくれました。
バルブがない代わりに太い根を持っていて、そこに水を貯めているのだと思います。コンドロリンカやボレアなどと近縁ではないかと思います。
クールタイプなので夏場はアミールに入れています。
本来は垂れ下がって咲きますが、今回は支柱を立てて花茎を上げて撮影しています。
a0267399_245101.jpga0267399_2452289.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2015-09-23 02:47 | Orchids (Others)
2015年 09月 22日

Cattleya Kevin Hipkins 'California Delight' その4

カトレア ケビン ヒプキンス 'California Delight'

この種は上手に栽培すれば冬~春に1回、夏~秋に1回の1年に大体2回咲いてくれます。
昨年アップした時と同様、少し涼しくなって咲いたので花形が乱れず、今までの中で最も整った花が咲きました。
よ~く見るとペタルにくさびが入っています。
板に着けてから元気に育っています、この栽培法が適しているようです。旧S.セルヌアの血が入っているためと思われます。
a0267399_0174.jpga0267399_012418.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2015-09-22 00:02 | Cattleya & Relatives
2015年 09月 19日

Clowesetum Jumbo Lace その2

クロウェセタム ジャンボ レース

昨年に引き続き今年も咲いてくれました。今までとても咲き辛かったのですが、なぜか2年連続の開花となりました。
スパイシーな香辛料のような香りがします。
本来花茎が垂れ下がって咲くタイプなのですが、今年は支柱を立てて垂直に(シンビジウムのように)咲かせてみました。
このやり方では花が逆さを向いたり横向いたりと、どう咲けばいいのか迷ってしまったようです。次回はちゃんと垂れ下がらせて咲かせてあげましょう。
a0267399_0595062.jpga0267399_101285.jpga0267399_102687.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2015-09-19 01:04 | Orchids (Others)
2015年 09月 07日

Oncidium stacyi

またまた、久し振りの更新になってしまいました。

オンシジウム ステイシー

今年の東京ドームでペルーフローラさんから購入したものです。
長さが150cmにもなる棒状の葉がヘゴ板から垂れ下がっているのを見て思わず買ってしまいました。
葉をぐるぐる巻きにして持ち帰ったのを覚えています。
買った時はツボミがいくつか着いていたのですが、輸入直後のため傷みもあって十分な開花に至りませんでした。今回がうちで咲いた実質的な初花といえます。
株が大きいだけに花のサイズも大きくNS8cmを越えています。
このワイルド感がたまりません。
葉長が長すぎて写真に収まらないので花だけのアップにしました。
a0267399_147543.jpga0267399_1481390.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2015-09-07 01:52 | Oncidium
2015年 08月 12日

ジモティーで電子ピアノの嫁ぎ先が見つかりました!

a0267399_13363729.jpgうちにずっと使わないで眠っていた電子ピアノがありました。
娘が小さいころ練習で使っていたものです。かれこれ20年になります。
なんとか処分したいと思い、「メルカリ」というネットフリーマーケットのサイトに出品したところでハッと気づきました。電子ピアノって送る方法が殆どないということに。
結構大きいし精密機器なので宅配便では送れません。専門業者に頼むと数万円掛かるようだし。
電子ピアノは普通のピアノと違い、電子機器扱いなので10年もすると値が付かなくなるようだというのも改めて知りました。
そうなるとメルカリでは売れないので、直ぐに出品取り下げ。
どうしようと考えていた時、以前かなさんに教えて頂いた「ジモティー」のことを思い出し、早速0円(無料)で出品してみると、その日のうちに3名の方から連絡がありました。
最初の2名の方とは都合が合わずダメでしたが、3人目の千葉市にお住いの方が、遠路100kmの道のりをわざわざ車で自宅まで取りに来てくださいました!!
来てくれたのはモンゴル人のご夫婦、息子さんが音楽好きで電子ピアノが欲しいと思っていたとのこと。
捨てるに捨てられず、ずっと自宅で眠っていた電子ピアノの嫁ぎ先が見つかって本当にホッとしました。
おまけにモンゴルのお土産まで頂いちゃいました!
かなさん、「ジモティー」のご紹介ありがとうございました(^.^)
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2015-08-12 13:45
2015年 07月 24日

国際連合工業開発機関2014年 年次報告書の表紙

ちょっと前の話ですが、国際連合工業開発機関(UNIDO)2014年 年次報告書の表紙・裏表紙に以前ブログで掲載した東京駅のパノラマ写真が採用されました!

2013年12月21日に掲載した「KITTE屋上庭園からの東京駅 その2 パノラマ写真」を見て頂いた広告代理店の方から、この写真をあるパンフレットの表紙に使いたいと連絡を頂いたのが始まりです。
当初連絡を頂いた時は、ちょっと胡散臭いなと思いつつOKしたところ、なんとそれが国連の年次報告書だったとは本当に驚きました!! 
発行部数は少ないけれど世界各国の関係機関や大使館に配布されるパンフレットとのことでなんだか恐縮してしまいます。
国際連合工業開発機関2014年年次報告は⇒こちら
裏表紙を拡大してみると分かりますが、写真の隅にPhoto: ・・・・・と名前を入れて頂いています。
a0267399_044645.jpga0267399_0442458.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2015-07-24 00:47 | 散歩・お出かけ
2015年 07月 21日

Bulbophyllum lobbii giant type

バルボフィラム ロビー ジャイアントタイプ

2012年蘭会の旅行で東北の田口洋蘭園さんを訪問した時、蘭友さんが入手されました。Bulb. lobbiiにしては株も花もやけにデカいのが印象的でした。
株分けできたらよろしく!と無心していたところ、2013年に株分けできたとのことで頂きました。
それから2年、ほふく茎が伸びるのでコルクに着けておいたら咲きました(^_^)/
ジャイアントタイプとあるだけに、葉の長さは30cmと大きく、NSは10cm以上ある大輪です。
古いバルブから花芽が上がるようです。
a0267399_23333386.jpga0267399_23334652.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2015-07-21 23:36 | Bulb. & Cirr.
2015年 07月 20日

Bulbophyllum tingabarinum その5

バルボフィラム ティンガバリナム

今年も咲きました。7月上旬に咲いたものです。
2花茎同時に咲いたのでついつい写真に収めました。
a0267399_1212082.jpga0267399_1213983.jpg
[PR]

# by hanasaka-tohsan | 2015-07-20 01:24 | Bulb. & Cirr.