タグ:こんにゃく ( 5 ) タグの人気記事


2014年 11月 11日

こんにゃく栽培 その5 芋が4つに分球

今年の春にコンニャクの花が咲きました。コンニャクは花が咲くと枯れるというウワサを聞きましたが、新芽が出そうだったので試しにそのまま大鉢に植えてみることに。
こちらは花が終わった時の状態
a0267399_19204563.jpg

植えたのが5月13日
植え付け前                                       植え付け後
a0267399_19211177.jpga0267399_19212889.jpg

いくつか芽が出てきました(7月3日)。その後、夏の間5本ほどの茎が伸び大きく葉を広げました。ウワサはどうも間違っているようです。枯れることはありません。
葉が茂っているところも写真撮っておけばよかったなあ。
a0267399_1923552.jpg

10月には葉が枯れたので水を遣らずに放置。昨日掘り上げてみたところ、大きなコンニャク芋から4つの芋に分球していました。
最も大きなのが600g、4つ合わせて960g。4つ合わせて5月に植え付けたコンニャク芋とほぼ同じ重さ。
a0267399_1924141.jpg今回掘り上げた中で一番デカイいのは大きな芽が2つ着いていて、なんだか花芽の予感。来年花が咲くかどうか楽しみ!
冬の間は新聞紙に包んで室内に保管します。
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-11-11 19:33 | その他の植物
2014年 05月 09日

こんにゃく栽培 その4 花が咲きました!

1ヶ月も前のことですが、コンニャクの花が咲いたので経時的な変化をアップします。

冬の間新聞紙に包んで居間に置いていました。最低気温5℃くらい、最高気温20℃くらいだと思います。3月上旬になって大きな芽が伸びてきたのでこれはもしかしたら花芽ではないかと期待が膨らみました。葉芽の場合、発芽はずっと遅く6月以降のはずですので。
3月9日 芽の長さは40cmまで伸びています。(ここまでは3月10日こんにゃく栽培 その3に記載)
a0267399_1232445.jpg

3月25日 1mほどに伸び、予想通り花になりそう。
a0267399_1251984.jpg

4月4日ついに花が咲きました! 白い鉢に入れているのは周りに新聞紙を詰めて倒れないようにするため。植え込んでいるわけではありません。
高さは1m20cmほど。話に聞いていたほど臭くなく、まだ寒そうだったのでずっと玄関に置いていました。
花の芯の周りは白いブツブツの粒で覆われています。
a0267399_1272840.jpga0267399_1282068.jpg

4月9日 この頃になると、噂の悪臭が漂い始めました。魚の腐ったような匂いです。バルボフィラムのあの臭い花の臭いによく似ています。
ハエも寄ってくるようになりました。臭くて部屋に入れておけないのでこれ以降屋外で管理することに。
a0267399_12101120.jpga0267399_1210404.jpg

4月14日 開花10日ほどで萎れはじめます。
a0267399_1211575.jpg

5月7日 花はカリカリになってしまいました。花が終わるとそのまま株も枯れてしまうという話も聞きますが、球根の脇に小さな芽も出ているので6月頃もう一度植えてみようかな・・。
a0267399_12121351.jpg

[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-05-09 12:32
2014年 03月 10日

こんにゃく栽培 その3

昨年秋に掘り上げたこんにゃくイモ、低温に当たると枯れてしまうというので、新聞紙に包んで室内に保管していました。これでも寒すぎるのではと心配していたのですが、最近気付くと新聞紙の隙間から大きな芽を覗かせていました。しかも40cmほどの長さに伸びています。
昨年は春に植え付けても一向に動きがなく、芽が出たのは夏になってからですから今回は随分早い発芽になります。
ネットで調べると花芽の場合発芽が早いようなのです。これはちょっと期待が持てるかも!
まだ寒く外に出すわけにはいかないので部屋に置いたまま様子を見ますが、花芽と確認できたら逐次状況変化をアップしようと思います。
a0267399_1854414.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-03-10 19:01 | その他の植物
2013年 11月 14日

こんにゃく栽培 その2

今年10月上旬に葉が枯れたので10月17日にこんにゃくイモを掘り上げ、軒下の日陰で乾燥させていました。そろそろ乾燥した頃と思って、重さを測ってみることに。料理用の最大1kgのはかりでは重量オーバーしてしまったので体重計を使用。誤差は大きいかもしれませんが1.3kgと出ました。今年植え付けた時の倍近くの重量になりました。
掘り出した時に小芋(生子「きご」と呼ぶらしい)も付いてきましたが、こちらは30g
ところで、このこんにゃく芋どうやって保存するの?と調べたら「最低温度13度以上の風通しのよいところで保存すること」となっているではありませんか!!
最近急に寒くなってとっくに13度を切っているので、慌てて室内に取り込みました。ただ、うちの室内温度は真冬だと5℃くらいに下がるので無理か?ならば温室内で保存しようかとも思いましたが、こんにゃくイモは湿気に弱いらしく直ぐに皮から腐れが入るそうです。となると温室もダメか?
温度・湿度の高い温室にするか、温度・湿度の低い室内に置いておくか悩ましいところで決めかねています。もう少し悩んで決めます。とりあえずは室内で保管。

左は掘り上げ直後   右は乾燥後、ちょっと引き締まった感じ。掘り上げたばかりの時にあった小さな生子(きご)は萎びて1本だけに。
a0267399_0181137.jpga0267399_0185948.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-11-14 00:29 | その他の植物
2013年 10月 07日

こんにゃく栽培 その1

今年のゴールデンウィークに蘭屋さんを訪れた帰り道、その近くの農家さんがやっている園芸店に立ち寄ったところ、大きなコンニャク芋を売っていました。栽培用ではなく、このイモを使ってコンニャクを手作りするための販売だそうで、「生芋コンニャクの作り方」なるパンフレットとコンニャク作りに必要な凝固剤(水酸化カルシウム)までセットになっていました。
ただ、自分としてはコンニャク作りに興味はなく、前から栽培してみたいと思っていたので、即刻購入しました。お値段は量り売りで1g1円。大きいのを選んで700gほどなので700円くらいだったと思います。
8号鉢に園芸用培養土で植えました。                      植え付け 2013/5/4
a0267399_2334872.jpga0267399_23343526.jpg

植えてから6月下旬まで動きがないので心配していましたが、7月になって、急に伸び始め、あっという間(10日ほどで)漏斗のように枝を広げました。高さは120cmくらい。残念ながら花は咲きませんでした。
2013/7/4                             2013/7/7
a0267399_2335344.jpga0267399_23355291.jpg

夏の間は元気に枝を広げたままで、病害虫は殆どありませんでした。
2013/7/11                                      2013/8/23
a0267399_23362721.jpga0267399_23364653.jpg

9月半ばに関東地方を通過した台風18号の強風で鉢が倒れてしまい、それを境に急に元気がなくなり、10月上旬にはほぼ枯れた状態に。
鉢が倒れて傷ついてしまったせいなのか、生育サイクル上そういうものなのかよく分かりません。
2013/9/26                                      2013/10/6
a0267399_23374397.jpga0267399_23381396.jpg

もう少しこのままにして完全に枯れた時点で掘り上げてみようと思います。
コンニャクは4年で花が咲くのでその前の3年でコンニャク芋として出荷するという話を聞いたことがあります。とすると来年くらいには花が咲くのではと期待しています。
噂では花は超臭いらしいのですが、サイズは超大きいとのこと。ちょっと楽しみにしています。こんなへんてこりんな植物が好きです。
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-10-07 00:05 | その他の植物