タグ:クールタイプ ( 74 ) タグの人気記事


2016年 06月 28日

Miltoniopsis phalaenopsis

ミルトニオプシス ファレノプシス

以前はMiltonia phalaenopsisとかOdontoglossum phalaenopsisとか呼ばれていたこともあります。
今年の東京ドームでワカヤマオーキッドさんから購入しました。
リップの紋様が滝の流れ・飛沫に似ていることで有名な種です。
ブラ鉢にバーク植えです。
コロンビア中央部、比較的高地の雲霧林(常春のようなところ)に自生しているので夏場暑がると思います。今年の夏はアミール栽培ですね。
a0267399_054199.jpga0267399_055516.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2016-06-28 00:56 | Orchids (Others)
2016年 03月 16日

Dryadella zebrina その4

ドリアデラ ゼブリナ

2年振りの登場です。2年前の様子は⇒こちら
小輪ですがたくさん花が咲きました。昨年秋に植え替えたのが良かったのかも。
植えてあるのは2号プラ鉢ですので、花・株の大きさがおよそ分かると思います。
水を好むため、ミズゴケ・プラ鉢栽培です。夏場はアミールに入れています。
a0267399_2376100.jpga0267399_2372451.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2016-03-16 02:50 | Orchids (Others)
2016年 02月 26日

Restrepia brachypus その4

レストレピア ブラキパス

南米の高地に産するクール種、ストライプ模様が印象的です。
レストレピアはクール種の中では強健な方ですが、このブラキパスはそのレストレピアの中でも強い方だと思います。
2014年6月、ミズゴケ・プラ鉢から洋ランソイル・プラ鉢に植え替え、昨年秋には洋ランソイルにミズゴケを混ぜたもので植え替えました。
クール種の中には洋ランソイルでうまく育たないものが結構あります。(特にマスデバリアはうまく育ちませんでした。)
しかし、この種は順調に育ってくれて、2013年にエクアジェネラさんから購入して以来最もよく花が咲きました。
a0267399_2371166.jpga0267399_2372730.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2016-02-26 00:05 | Restrepia
2016年 01月 05日

Epidendrum (Epi.) hugomedinae

エピデンドラム フゴメディナエ

ちょうど2年前エクアジェネラさんから苗を購入しました。エピデンにしては結構なお値段がしたと記憶しています。
エクアドルの高地産なのでクール種です。夏場はアミールに入れています。
最初はミズゴケ・素焼き鉢植えで栽培していましたが、あまり生育が良くありませんでした。
昨年6月に株分けして、ミズゴケ・素焼き鉢植えのままのものと、洋ランソイル・プラ鉢植えに変更したもので比較することにしました。その結果、洋ランソイル・プラ鉢植えの方は調子を回復し今回花が咲きました。水が好きなのかもしれません。NS1.5cmほどの小さな花が8輪着きました。2号プラ鉢植えでまだまだ小苗ですが、今後を期待しています。
ミズゴケ・素焼き鉢植えの方は相変わらず生育は今一だったので、最近プラ鉢でバークとミズゴケを混ぜたものに植え替えてみました。洋ランソイルとどちらがいいか比較しようと思っています。
a0267399_23535326.jpga0267399_2354990.jpga0267399_2354247.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2016-01-05 00:03 | Epidendrum
2015年 12月 31日

Pleurothallis megalops

プレウロザリス メガロプス

2011年2月東京ドームでエクアジェネラさんから購入しました。
購入後3年ほどはミズゴケ・プラ鉢植えで栽培していましたが、生育が思わしくないので、2014年3月に洋ランソイルで植え替えてみました。そうしたら、調子を取り戻したようで、葉数も増え数花茎上がって今回初花が咲きました。
ミズゴケ植えから洋ランソイルに植え替えると調子を崩すものが多い中で、例外的な存在です。やってみないと分からないものです。
エクアドルのアンデス山地に自生しているそうで、バリバリのクール種です。夏場は冷房(アミール)栽培が欠かせません。
虫のような花容ががゲテモノ好きには堪りませんね。リップの形や毛の生えているところなどBulb. jolandaeに似ていて、思わず買ってしまったのを覚えています。
花はとても小さくNS2cmほどです。 植えてあるのが2号プラ鉢ですので花の大きさが凡そ分かると思います。
a0267399_2553371.jpga0267399_255465.jpga0267399_2555644.jpga0267399_2561064.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2015-12-31 03:02 | Orchids (Others)
2015年 11月 09日

Diodonopsis erinacea

ディオドノプシス エリナセア

南米原産のミニ洋蘭です。ネットで調べると低地でも自生しているようですが、これだけ小さくて繊細な植物ですので、夏場はアミールに入れてクールタイプとして栽培しています。
昨年(2014年)1月にエクアジェネラさんから買いました。そこそこ大きな株だったので、2つに分け、一つはミズゴケ植え、もう一つは洋ランソイル植え(いずれもプラ鉢)の2種類でどちらが生育がいいかテストしてみることにしました。
結果的にはミズゴケ植えの方は枯れてしまい、こちらの洋ランソイル植えだけが生き残り花が咲きました。初花です。
洋ランソイルはいろんな種類で試しましたが、マスデはうまく育ちません。その他の種類でもあまり成績がいいとはいえませんが、このDiodonopsis erinaceaだけはちゃんと育って花が着きました。
相性の良否はやってみないと分かりません。なので、ミズゴケで生育が今一な物や、ミズゴケ植えで植え替え時に根が傷んでしまいそうなものを洋ランソイルで植えてテストしています。
a0267399_0452698.jpga0267399_0463100.jpga0267399_1393326.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2015-11-09 00:49 | Orchids (Others)
2015年 09月 23日

Chaubardiella dalessandroi (Q) その2

チャウバーディエラ ダレッサンドロイ

2年振りの開花になります。
昨年春にミズゴケから洋ランソイルに植え替えました。ミズゴケだと植え替えの時に根を傷つけてしまいそうというのが理由です。
コンポストが変わったことで生育が一時衰え、昨年は咲きませんでしたが、やっと洋ランソイルにも馴染んできたと見えて、今年2年振りに咲いてくれました。
バルブがない代わりに太い根を持っていて、そこに水を貯めているのだと思います。コンドロリンカやボレアなどと近縁ではないかと思います。
クールタイプなので夏場はアミールに入れています。
本来は垂れ下がって咲きますが、今回は支柱を立てて花茎を上げて撮影しています。
a0267399_245101.jpga0267399_2452289.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2015-09-23 02:47 | Orchids (Others)
2015年 06月 26日

Caucaea mimetica

カウカエア ミメチカ

コロンビア、ベネズエラの雲霧林高地に産するとのこと。バリバリのクールタイプです。
以前はオンシジウム属に分類されていましたが、今では聞きなれないカウカエアという属になったようです。
ちょうど3年前、中藤洋蘭園さんから購入しました。当初素焼き鉢にミズゴケ植えでしたが、水が好きそうだったのでプラ鉢ミズゴケ植えに変更しました。
はやり暑さには弱く、夏場はアミールに入れておきましたが、なかなか思うようには育ちません。
3年振りに何とか開花しました。当ブログには初登場。
NS2cmほどの小輪ですが、紫色のドット模様が印象的
a0267399_2238818.jpga0267399_22381952.jpg
a0267399_22383362.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2015-06-26 22:46 | Orchids (Others)
2015年 02月 08日

Trisetella hoejerii

トリセテラ ホエジェリー

エクアドルの標高1800mの雲霧林に産するクール種です。なので夏場はアミール栽培してます。
2006年9月くろやなぎ農園さんから購入とラベルにありますから、8年以上前に買ったことになります。
購入後3年間はプラ鉢ミズゴケ植えで何とか花が咲いていましたが、それ以降ジリ貧で全く花が咲かなくなりました。その間何回か植え替えしましたが、とりあえず枯れずに生きているだけという感じでした。
ミズゴケでダメなら洋ランソイルに植え替えてみるという鉄則に従い、2013年秋に洋ランソイルで植え替え。最初は生育が止まったような感じで、いつ枯れてもおかしくない状態だったのですが、だんだんとこのコンポストにも馴染んできたようで、遂に花が咲きました! 1輪だけですが、2009年以来久々の開花に喜んでいます(^_^)/
草姿はとても小さいのですが、花はかなり大きくNS5.0cmありました。
水は好きみたいなのでコンポストの表面にコケが生えるくらい多めに水をやっています。
a0267399_0302379.jpga0267399_0303848.jpga0267399_0305756.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2015-02-08 00:40 | Trisetella
2014年 12月 24日

Stenorrhynchos speciosum その2

ステノリンコス スペシオサム

中南米原産の地生蘭です。真っ赤な花色が印象的で好みの花なのですが、栽培は結構難しいです。クールタイプなので夏場はアミール栽培です。
昨年の記事にも書きましたが、地生蘭のせいか、ミズゴケ植えではジリ貧で、昨年山野草の土に植え替えたら久しぶりに花が咲きました。
今年春、洋ランソイルに植え替えてみたところ今年も何とか開花に至りました。もう1年洋ランソイルで様子を見てみたいと思います。
a0267399_23381745.jpga0267399_23383390.jpga0267399_23384775.jpg

こちらは6年ほど前に咲いた時の様子。 この頃はよく咲いていたんだけどなぁ~。
a0267399_2345982.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-12-24 23:49 | Orchids (Others)