花咲か父さん 洋らん栽培 

hanasakato.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Massonia ( 7 ) タグの人気記事


2014年 01月 09日

Massonia depressa その2

マッソニア デプレッサ

南アフリカ原産のちょっと変わった植物です。
前回開花の際は葉の長さが2枚合わせて65cmにもなっていましたが、今回は両方合わせて40cmほどでした。あまり長くならないで助かりました。
秋から春にかけて生長するタイプの植物なので、昨年秋に芽が出て来た頃に山野草の用土で植え替えました。花が終わってからもしばらく葉は残っていますが、3月下旬から4月中旬あたりに葉が枯れて休眠に入ります。葉が枯れてからは水遣りは一切せず、日陰に置いて秋の芽出しを待ちます。
冬の成長期は低温温室(最低気温5~10℃くらい)に置いて育てています。
a0267399_17225394.jpga0267399_17232047.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-01-09 00:06 | その他の植物
2013年 12月 15日

Massonia pustulata 白花タイプ その2

マッソニア プスツラータ

先日は蕊に薄紫色が入るタイプを載せましたが、こちらは白花タイプです。毎年12月の花が少ない時期に咲いてくれるのありがたい花です。
昨年秋の芽出し時に赤玉付で植え替え、そのままになっています。昨年の様子はこちら
a0267399_17242813.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-12-15 00:16 | その他の植物
2013年 01月 22日

Massonia echinata

マッソニア エキナータ

先日のサンシャイン蘭展で多肉屋さんもお店を出していて、最終日に買ってしまいました。
昔エキナータだと思って買った球根がデプレッサだったので、今回改めてエキナータ入手です。
ネットで見るとエキナータには変異が大きく、いろいろなタイプが紹介されています。本株は葉に細かな毛が生えるタイプだとお店の人から説明がありました。確かによーく見ると細かい毛が生えています。
実生から数年かけて育てた初花だそうで、両葉合わせてもまだ6cmくらいしかありません。
雄しべの先の袋が青く、そこが割れて黄色い花粉が出て来るみたいです。
【写真をクリックすると拡大されます。】
a0267399_18211178.jpg

[PR]

by hanasaka-tohsan | 2013-01-22 09:46 | その他の植物
2012年 12月 27日

Massonia depressa

マッソニア デプレッサ

5年ほど前、英国のRare Plantsというところから通販で購入しました。 その時はMassonia echintaの名前で購入したのですが、咲いてみるとどう見てもechinataではないのでいろいろ調べてデプレッサにほぼ間違いないと思い、デプレッサで記載しました。
買ったときは小指の先ほどの小さな球根だったので咲くまでに4年掛かりました。昨年末に咲いたのが初花で今回2回目です。
昨年は確か、両方の葉を合わせても40cmくらいだったと思うのですが、今年急に大きくなり両葉合わせて65cmになりました。伸びるだけ伸びて支えるものがないとだらりと垂れ下がってしまうので始末に負えません。自生地では地面に張りついて生長するので問題ないのでしょうが、鉢で育てると本当に困ってしまいました。今は、両脇を空の鉢で支えています。
つぼみが出て開花を楽しみにしている矢先、葉の上に物を落としてしまい、左の葉が無残な姿になりました。それでも花が咲いてくれて、不幸中の幸いです。つぼみの上に落ちなくてよかった。
【写真をクリックすると拡大表示されます。】
a0267399_0183766.jpg

雄しべ、雌しべ、花粉の色が黄色いので黄色い花の印象です。
内側に密を蓄えていて、その密をネズミが食べることでポリネーターの役割を果たすという珍しい植物だと聞きました。美味しそうだったので舐めてみましたが、少しだけ甘く水っぽかったです。
a0267399_0262693.jpga0267399_0374419.jpga0267399_0291768.jpga0267399_0301559.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2012-12-27 10:00 | その他の植物
2012年 12月 25日

Massonia pustulata 実生

昨日12/24に載せたマッソニア プスツラータですが、昨年末にも花が咲いてそのまま栽培していると何やら鱈の白子のような形をした実が出来ました。
4月終わり頃にはカサカサになり、さやの中に黒い小粒の種が入っていました。 実(種)の着いた写真(↓)は今年4月下旬に撮影したものです。
a0267399_162161.jpg

早速、4月末に種を取り出して鉢に蒔いてみました。。
後でネット調べてみると、「直ぐに種をまいても発芽しないので、保存しておき、9~10月に種蒔きするのがよい。」とあるではありませんか!! 秋以降の成長期に入ってから芽が出て来るようです。
今更蒔いた種を元に戻すことはできないので、種蒔きした鉢は夏の終わりまで、棚下で水遣りせずそのまま置いておくことにしました。9月終わりごろから水遣りを始めたら、12月になって小さな芽が出てきました!!

a0267399_1626051.jpga0267399_16262997.jpg
開花まで数年掛かるという気の長い話ですが、頑張って栽培してみよう。
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2012-12-25 10:00 | その他の植物
2012年 12月 24日

Massonia pustulata 薄紫タイプ

マッソニア プスツラータ

12/17に白花の個体を載せましたが、今回は別の個体で、やや薄紫色が混じっています。
赤玉土を主体として山野草の土を混ぜたものをコンポストに使っています。
a0267399_15311866.jpg
a0267399_15321924.jpg

2週間ほど前から咲き始めたので咲き進む様子を経時的に撮影してみました。
12/11咲き始め
a0267399_1537257.jpga0267399_1538140.jpg
12/18  かなり開花が進んだ。
a0267399_15405866.jpga0267399_15412574.jpg
12/24 満開
a0267399_1543771.jpga0267399_1544230.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2012-12-24 15:54 | その他の植物
2012年 12月 17日

Massonia pustulata 白花タイプ

マッソニア プスツラータ

南アフリカ原産のちょっと変わった植物です。以前はMassonia longipesと呼ばれていたこともあるようです。
秋~春に生長し、夏休眠します。我が家ではだいたい、9月下旬から芽を出し、12月に花を咲かせ、6月上旬に地上部が枯れます。
冬の間、温室に入れて栽培していたことがありましたが、その時は花が全く咲きませんでした。最低温度が高すぎたのではないかと思っています。その後、最低温度が5~10℃くらいの場所に移して栽培したら毎年花が咲くようになりました。
用土は現在、赤玉土単用です。
a0267399_21235035.jpga0267399_21242567.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2012-12-17 10:00 | その他の植物