花咲か父さん 洋らん栽培 

hanasakato.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 17日

Tylecodon buchholzianus 盆栽風 その2

チレコドン ブックホルジアーナス

2012年秋に購入してから小盆栽鉢に植えそのまま育てています。
枝の先にトゲのような葉を2~3枚着けるのですが、葉といっても申し訳程度に着いているだけなので多分光合成は主に茎で行われているのではないかと思います。今はその僅かな葉も落ちて枝だけになってしまいました。
昨年冬は低温室(最低気温5~10℃)に置いて育てていましたが、冬型だというのに何だか殆ど育たなかったような気がしたので今回は中温室(最低気温15℃くらい)の日当たりのいい場所に置いています。そうしたら少し枝から新しい芽が出てきて成長しているようです。
枝が増えてくれるのは嬉しいのですが、盆栽というよりサンゴのようになりつつあります。草丈は小さくまだ数cmといったところです。
a0267399_083789.jpg
a0267399_085114.jpga0267399_0961.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-02-17 00:15 | 多肉植物


<< 世界らん展日本大賞2014 デ...      Restrepia brach... >>