花咲か父さん 洋らん栽培 

hanasakato.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 22日

Ophrys scolopax

オフリス スコロパクス

昨年春、珍しいものが入荷したというので奥田園芸さんから芋(球根)買いました。
春から夏は紙袋に入れてなるべく涼しい部屋の中で保存。
9月末、山野草の土にミズゴケを混ぜたものを用土として、段ボールの切れ端をプラ鉢の周囲に並べて植え付けました。他の地中海を原産とする地生蘭の植え方と同じです。
寒い時季は最低気温5~10℃の低温室で栽培管理。
秋から冬に葉が出てきましたが、この時期になってしまったのでもう花は咲かないだろうと諦めていました。ところが、最近花茎を伸ばし始め開花に至りました。この類の蘭の中では最遅です。NS1.8cmの小さな花です。花茎がまだ伸長中で、全部で5輪ほど咲きそうです。
珍しい蘭なのかとネット検索したところ思っていた以上たくさんの画像が出てきてビックリ。ヨーロッパの方ではそれほど珍しくないのでしょうね。
一方オフリス スコロパクスのカタカナで検索すると殆ど出てきません。日本ではまだまだ珍しい部類に入るのでしょう。
この花形何と表現すればいいのでしょう? 「卵から生まれたばかりのヒナ」と言っておきます。
a0267399_14453.jpga0267399_151356.jpga0267399_15563.jpg
a0267399_165460.jpg
[PR]

by hanasaka-tohsan | 2014-04-22 20:00 | Ophrys


<< Dryadella zebri...      Paphiopedilum e... >>